セブンイレブン 自賠責保険|知っていたのです

今まで使っていた自動車を買い替えようと思いました。私はいつも買い替えの時はディーラーさんで下取りをやってもらえばよいと思う以外発想がありませんでしたが、実際にはそれ以外の方法もあるらしいとこのとき知りました。それが車買い取りでした。

初めてのことですから、どうしたらよいのかわかりません。ネットでコツコツ調べながら、手続き方法を見つけました。まずは聞いたことのある一括査定のサイトを調べる方が良いと言う事を知ったので、そこを見つけて、そこから査定の申し込みをしました。その結果を見て、どの業者に来てもらうかを決めました。

今までにも兄弟が車を買い替えている様子は見てきたので、どれくらいの査定額で下取りされていたかは知っていたのです。私がこれまで乗っていた車の年式や車の使用状態を考慮しても、相場よりも高く査定してくれないと思っていましたが、実際は違っていました。予想以上の見積もり額を提示されました。

これが下取りとしたらどれくらいの金額になるか、ディーラーに聞いてみました。その下取り額は、買い取り業者の下の方と同程度でした。しかしそれ以上の査定額で見積もりしてくれるところもあったので、迷わず買い取り専門店に買い取りを依頼しました。初めての体験でしたが、順に入力していくだけで、申し込み手続きもやることができました。高値で引き取ってもらうことができたから、次の愛車を購入する時の費用にも充てられたので私としてはやってよかったと思っています。

セブンイレブン 自賠責保険|別途輸送費がかかってしまいました

今回売ったクルマなのですが昨年の暮れに中古で買った車でした。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと探していましたが、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。

ところが、乗って楽しかったのは少々、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで売却することにしました。試しに自宅の近くにあるクルマ買い取り専門店に査定を依頼したところ、よくて20万円にしかならないというのです。

私はこの車を半年前に約70万で購入したのです。単純計算では、6カ月で50万円も財産が目減りしたことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り専門店に査定の依頼をしました。その結果、26万円までアップし買い取っていただきました。わずか2社の比較でしたが6万円の差になったみたいです。

それでも44万円目減りしたことには違いはないのですが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売ることになったかもと思うと助かります。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、車を持って行く段取りはされていませんでした。そのため、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。もしも売却するつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと後悔しています。今度利用する場合には、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.