原付 自賠責|抵抗感がある方も

長い期間乗ってきましたクルマを、車検が到来する前に思い切って売却する事にしました。マンネリ化もあって、新しいクルマに乗りたいといった感じが思いのほか湧いてきたからです。

これまでに比べて、最近は低燃費の車が多いのでガソリン代も食いません。手放す車は高く買い取ってほしい、心の中でそう考えていたものですから、高く買ってくれそうな業者を調べていました。するとネットの査定比較サイトを使ってから、クルマを売却している方の多くが、手放した金額に満足しているみたいです。

これまでならば、車買い取り業者一社に絞り、査定を受けるケースという感じでした。でもそうなると、伝えられた査定価格が世間相場と比較してどうなのか、私達には判断が付きませんでした。比較サイトを活用した場合、近くの業者の中から高めの金額を提示してくれたショップに買い取りの依頼ができるといった良さがあるのです。

そこで私も、車種や年式等必要な情報を入力して査定をしてもらうよう依頼したところ、腰が抜けるような査定額になっていたので、ビックリするしかありません。すぐ連絡したら出張してくれたので話を伺ってみたところ、ネットで提示された額とまず変わらない値段で売ることができました。一括査定サイトを活用しなければ、そう考えてしまうと冷や汗ものでした。

こういった感じで、思ってもみなかったような高値で買い取りしてもらえたので満足です。いきなりネットで売却というのは、抵抗感がある方も多くいると思われますので、まずは車買い取り相場を見てみるところからやってみましょう。

原付 自賠責|ハナから言っておくべきだと

今回車買い取りをしてもらった車は昨年末に中古で買ったクルマです。4輪駆動の自動車に乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良い中古車はないかと探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車屋さんで見つかりました。ですが、乗って楽しかったのは少々、次々と予想外の問題があり、わずか半年で手放したくなりました。職場の近くの車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万が上限とのことです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。計算したくもありませんが、半年で50万円も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった人気の買い取り業者に無料査定を依頼しました。ここでの査定結果は、26万円となり引き取ってもらうことになりました。比較した査定をすることで6万の差が生まれるようです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いないですし、2社で査定しなかったら、それ以上に安く売ることになったかもと思うと助かりました。

そのまま引き取ってもらうつもりでしたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを持って帰るような考えではなかったようです。ですので、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。もし本気で売却したいのなら、ハナから言っておくべきだと少し後悔しています。今度利用する場合には、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.