新潟 車売却|日本人の特徴でもある

あまり出回っていない珍車を売却したら、予想以上の高値で買い取ってもらえました。相場よりもかなり高く買ってもらえたのです。売れているクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットを見たところ、そこにある情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取るとありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車が高値で売れるとあったのです。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。

国産のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も影響しているようです。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と信頼を置いています。

今回売った車も日本のメーカーですが、想像すると海外で活躍するのかもと思うとドキドキした感じになりました。海外でなくても良いので使ってもらえるのはいいですね。

車を売却する時は、乗ってきた車を失う悲しさもありますが、高く売れないかや新たな乗り手を思い浮かべるのも好きです。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。外国なのかもしれませんが、いづれにせよ子供の旅立ちのような感じです。車を売り渡すときにはクルマを買いたいとするお客さんもいて、買いと売りがバランスよく上手く取れているものと思いました。

豊かな日本において、今後も自動車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

新潟 車売却|中古自動車販売店で見つけました

売却した車は1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツタイプの車に乗りたいと思ってましたが、新車では高くて手が出ません。そこで質の良い中古車を探していたところ、職場の近くにある中古自動車販売店で見つけました。

ところが、喜びもつかの間、次々と予想外の問題があり、半年少々で売ってしまうことになりました。近くにある車買い取りショップに出張査定を依頼したところ、よくて20万が上限とのことです。私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、半年で50万円も減らしてしまったということになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、友人が売っていた知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。査定見積もりしてもらった結果は、26万でしたので買い取っていただきました。地元と大手とでは6万もの差が出たのです。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売却することになったかもと思うと助かります。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを持って帰るような考えではなかったようです。そんなこともあり、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。もし本気で売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.