確定申告 車売却|ボディの色を

前に使っていた自動車は、ボンネット部分が白い感じがしました。濃い色の車だったのですが、その白さが目立って安っぽい感じの車に感じてしまいます。洗車をしてから買い取り査定してもらうと、ボンネットのところの色が査定金額に影響があると言われました。

カー用品があるお店に行ってボディの色を戻す事は出来ないか見ていた所、手軽に艶が出るような商品を見つけました。さっそく気になるところをやってみたところ、とてもピカピカになったのです。隣のおじさんには買い替えたのかと言われました。

そこでもう一度査定に出したところ、前回よりも査定額がアップしました。古いものでもありましたからどうなるのか不安でしたが、想像以上に高く評価されたので良かったです。勿論ボディの色に関しては影響はなかったようです。白っぽかったあの部分も前の色に戻すこともできたし、より一層ピカピカにすることができたのが嬉しかったです。

車買い取りを依頼する時には、車の艶を出しておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディカラーが気になる場合は、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定見積もり額にも影響あると思います。査定見積もり額のアップと艶を出すための手間とアイテムの費用とを比較してみて、お得と感じたらやってみましょう。私の場合は1000円弱の出費によって、数万円の差が出るならいいですよね。

確定申告 車売却|地元と大手とでは

売却した車は昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良さげな中古を探していたところ、職場の近くにある中古自動車販売店で見つけました。

しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で手放したくなりました。まずは近隣の車買い取りショップに出張査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万が上限とのことです。

この自動車は半年前に約70万で購入したのです。単純に計算すると、6カ月で50万円も減らしてしまったということになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった大手の買い取り業者に査定してもらったのです。ここでの査定結果は、26万円までアップし買い取ってもらえました。地元と大手とでは6万円の差がありました。それでも44万円減ったことには変わりないのですが、2社目で査定してもらってなければ、6万円損した感じで手放すことになっていたかもと思えば助かったともいえます。

そのまま引き取ってもらうつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。その為、後日取りに来てもらうため輸送賃がかかってしまいました。もしもホントに売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.