自動車税納税証明書|色々と入力しネット通信していました

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。2台目として所有していた自動車を売却することになり、買い替えせずに所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は2業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。でも素人には自分の乗っていた自動車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定をする方が車を一通り確認したのち持ってきたパソコンで、色々と入力しネット通信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望が80万円である事を伝えると、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

自動車税納税証明書|聞きましたそれがクルマの買い取りです

それまで乗っていた車を買い替える事になりました。自動車の買い替えをする場合は下取りを依頼すればよいと思う以外発想がありませんでしたが、それ以外の方法もあるのだという事を聞きました。それがクルマの買い取りです。

初めての経験なので、どうしたらよいのかわかりません。ネットでコツコツ調べながら、手続きを進めていきました。まずは聞いたことのある一括で査定が依頼できるサイトを見つけだすために、それを調べて、そこから査定依頼をしました。その概算査定結果を見て、どの業者に来てもらうかを選んだのです。

今までにも兄弟がクルマを買い替えている姿は見ていたからもあり、大体どれくらいの金額で引き取ってもらっているのかは判っていたと思います。私がこれまで乗っていたクルマの年式やクルマの状況を考えても、実はそれほど高く買い取ってもらえる訳がないと思っていたのですが、実際は良い意味で期待外れでした。思っているよりも遥かに高額査定となりました。

もし下取りを選んでいたらどれくらいの価格になるか、ディーラーでも聞いてみました。その下取り額は、買い取り業者の下の方と同じような査定額でした。ただそれ以上の金額でも買ってくれるという業者があったので、その業者にお願いしました。

初挑戦のことでしたが、順に入力していくだけで、簡単に手続きなどを進められました。高額で買い取ってもらうことができたから、車を買い替える時の費用にも充てられたので私としては大成功でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.