自動車税 インターネット|違いはないのですが

今回売却した自動車は昨年の暮れに中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗ってみたいと思いましたが、新車は高すぎて買えません。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古自動車販売店で見つけました。

しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、わずか半年で売却することにしました。近くにある車買い取りショップに査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても20万が上限とのことです。

このクルマを私は6カ月前に70万円で購入しました。単純計算では、約50万円を半年で消化してしまったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に査定してもらいました。査定見積もりしてもらった結果は、26万でしたので買い取ってもらうことができたのです。わずか2社の比較でしたが6万の価格差がありました。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、2社目で査定してもらってなければ、それ以上に安く売ることになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを引き取るような考えではなかったようです。そのため、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もしもホントに売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、そういったことにも気を付けようと思います。

自動車税 インターネット|最初に来てもらった会社は

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。もの悲しい気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は乗換ではなくて所有する車の台数を減らしてコストダウンを図るのが目的だったので、中古車買い取り店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、よく走っているとは思いますが、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。ただ素人の私には乗っている車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力し送信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.