自動車税 クリーンディーゼル|買い取り相場というのが分からないので

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。とても悲しい気分になり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目標だったので、中古車買い取り店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、年間で言えば1万くらいなので、よく走っているとは思いますが、特にマイナス要因はありません。車の買い取り見積もりは2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高い査定会社に売却したいものです。ですが私のような素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからタブレット端末で、色々と入力し通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、なかなか難しそうな感じで苦笑いしていました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

自動車税 クリーンディーゼル|母親からプロにやってもらったのかと

前に乗っていたのは、ボンネット部分がなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白くなっているのが影響してオンボロ車のように感じてしまいます。一応洗車をして査定してもらいに伺ったところ、ボディの一部の色が見積もり査定額に影響を与えるという事を聞きました。カー用品があるお店に行って目立っている白い部分を戻せないか考えていたところ、ボディに艶が出るようなグッズを見つけることができました。早速それを気になる部分に塗った所、とても綺麗になりました。母親からプロにやってもらったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

そこでもう一度無料査定を受けたところ、前回とは見違えるくらいアップです。古い車だったのでどうなるのかと思っていましたが、思いよりも高く査定してくれたのでよかったです。ボディの色なども何か言われることもありませんでした。白っぽかったあの部分も基の色に近づけることができ、今まで以上にピカピカにすることができたのが嬉しかったです。

車買い取りを依頼する時には、車を掃除するなど綺麗にしておきたいですね。またボディが白くなっている時等は、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定見積もり額にも影響あると思います。査定金額のアップと艶出しの為のグッズ代と手間を考えてみて、損しないと思ったらやってみましょう。今回は1,000円くらいの出費で、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.