自動車税 使い道|クルマの一括査定サイトなどで

新型の登場とともに、今のクルマを売却しようと思っていました。当初は購入したディーラーに下取ってもらう予定でしたが、期待していた査定額にはならず、買取専門店と比較すると15万円以上も安い額になっていました。今までは下取りしか利用していませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差に愕然としました。結局下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門店に売ることにしたのです。

クルマの一括査定サイトなどで比較してみたところ、査定額にものすごい差がありました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30万円~76万円まで色々な評価があることがわかりました。当初は最高額の業者さんに依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトをよく見てみると少なくとも2社できれば3社には出張見積りを受けたほうが良いと書いてありました。3社での見積もりが必要な理由は、実際に目視による査定を受けることで、確定の査定額が判るからです。ネット上でも概算額はわかりますが、参考的なものであり詳細額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらったのです。

査定の時間は1時間程度と言われたので、土日など休みの日に査定を受けることにしました。査定見積もりの結果、ネット査定額2位のお店が1位の業者を逆転して、一番高い金額を提示してくれました。ネットでは70万を切った査定金額だったのですが、それ以上の業者が存在することを知らせると、78万になったのです。

商品を店員さんに教えてもらいました

これまで乗っていたクルマは、ボンネットのところが白くなっていました。濃い色の車だったのですが、白い部分が妙に目だち安っぽい感じの車に見えてしまいます。一応洗っては見ましたが査定をやってもらうと、ボンネットの白さが査定額に影響すると聞きました。カーショップのようなところに行ってボンネットの白色を戻すような方法を探したところ、ボディに艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。気になっていたあの部分に塗ったところ、艶が出ていい感じになりました。母親から買い替えたのかと言われました。

そこでもう一度出張査定見積もりをやったところ、思いのほか高額査定となりました。年数も経っている車なのでどうなるのかと思っていましたが、思ったよりも高く評価されたので良かったです。勿論ボディの色に関しては何ら指摘される事はありませんでした。白くなってしまっていたところも基の色に近づけることができ、より一層つややかにする事が出来ました。

自動車の買い取りを利用する前には、できるだけボディを綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの輝きが気になるときは、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額に変化が出る事も有ります。査定価格の上昇と艶を出すための手間とアイテムの費用とを比較するなどして、お得と感じたらきれいにするのも良いでしょう。私は1000円の投資で、数万円の差が出るならいいですよね。

次々とトラブルに見舞われ|自動車税 引っ越し

買い取りしてもらったクルマは1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を探しまくっていたら、少し離れたところにある中古車販売店にあったのです。

ですが、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで売ってしまうことになりました。試しに自宅の近くにある車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、多めに見積もっても20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。単純に計算すると、半年で50万円も減らしてしまったということになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。その結果、26万となりましたので買い取ってもらえました。比較した査定をすることで6万円の差がありました。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円低い額で売却することになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。

この状態で持っていくつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような感じではありませんでした。そんなこともあり、後日来られる際に輸送料として減額されてしまいました。もしも買い取りをしてもらうつもりなら、最初から伝えておくべきだったなと思い直しています。次に利用する時は、そのことも覚えておこうと思います。

そこで一括査定を申し込みました

今まで使っていた自動車を乗換することになりました。私はクルマの買い替え時はクルマのディーラーに下取りをしてもらうしかないと思っていますが、実際にはそれ以外の方法もあるらしいと気が付きました。それがクルマの買い取りです。

まだやったことの無いことだったので、どうすれば良いかが分かりません。ネットの画面を見ながら、手続きを進めました。まずは口コミの良さそうな複数の業者に申し込めるサイトを見つけだすために、そこを見つけて、そこで一括査定を申し込みました。その結果をもとに、どこの業者に買い取ってもらうかを選ぶことになりました。

これまで親父が自動車を買い替えているのは見てきたので、どれくらいの交渉の後で売却していたのかは知っていました。私が愛用していた車の年式や車の使用状態などから、期待以上に高く買い取りすることもないと思っていたのですが、実際には違いました。予想以上の高額査定となりました。

そこで試しに下取りだったらどんな結果になるのか、ディーラーに聞いてみました。その下取り額は、買い取り業者の下の方と大体同じ位でした。しかし多くはそれ以上の金額で買い取ってくれそうな業者もありましたので、その買い取り専門店に買い取りを依頼しました。

初めての体験でしたが、順を追ってやっテイクだけで、簡単に手続きなどを進められました。高く買い取ってもらう事が出来たお陰で、次の愛車を購入する時の出費も抑えることができたので私としてはやってよかったと思っています。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.