自動車税の仕訳の勘定科目は何になる?

確定申告時の青色申告初頭の作成で 「自動車税」の仕訳は何にすればよいでしょうか?

自動車税の科目は「租税公課」です。
「車両経費」ではありませんのでご注意を。


ところで、こういった経費の仕分け、 とても面倒ですよね。

私もこれまで「や○い会計」というソフトを使って、3月に必死に入力して申告書を作成していました。

でも、去年友人から教えてもらった超便利なスマホでも使える会計ソフトに乗り換えました。

そのソフトがこれです。

>>>無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」


このソフトは本当に超便利で、クレジットカードや銀行口座を登録しておくと、自動でデータを取り込んでくれて、科目等も含め自動で記入してくれるので、いちいち入力する手間がかかりません。

そんなわけで、個人事業主(法人)の人たちを中心にいま大ヒット!

おかげで私も今年の確定申告(青色申告)は、いつもなら丸3日かかるところが半日もかからず完了!超ラクチンでした!!

クラウドなので、ネット環境があればどこでも使えますし、専用のアプリもあるので、私は普段はスマホで管理しています。

もし確定申告時の入力に悩まされているなら、無料で使い始めることができるので、まずは試してみてはいかがですか?

今までの確定申告時期の憂鬱な気分が一掃されるかもしれませんよ。


 

自動車税 勘定科目|なっていたのです

新モデルの登場と時期を合わせて、旧型になるマイカーを売ろうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、車査定買者とくらべてみても15万程度も離れた額になっていたのです。

それまで下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用して見たところ、その価格差に驚いたものです。そんなわけで下取りはやめる方向とし、買い取り専門業者に売却する話となりました。

車一括査定サイトで比較してみたところ、査定金額に大きな開きがありました。複数の業者で査定を受けましたが、32万~76万まで査定額にバラつきがありました。初めは一番高い額の買い取り業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも3社とは出張見積りを受けたほうが良いと記載されていました。

3社での見積もりが必要な理由は、査定士さんが目視することで、はっきりした査定額が判ります。サイトでの評価額は判りますが、参考値でしかなく詳細額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらったのです。査定の時間は1時間くらいと言われていたので、集中的に出来る日に査定見積もりをしてもらいました。査定見積もりの結果、概算査定額2位の業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高の査定額を提示してくれました。ネットでは68万円という査定金額だったのですが、それよりも高い査定の業者がいることを伝えると、78万になったのです。

自動車税 勘定科目|差が開いていたので

先日初めてネットの一括査定サイトを利用して、複数の業者で比較検討してみました。いつもは馴染みの業者に買い取ってもらっているので、それなりの値段でやってくれていると決め付けていました。

でも実際に査定を複数もらって理解できましたが、いつもお願いしているところは相場程度だったんです。これよりも高く買い取れるところはないと話していたので意外でした。今までは相場で売却できれば大成功だと思っていたのですが、それほどでもない事実はショックでした。

今回売ったクルマの相場は約50万だったのですが、一括査定をやってみたところその中で一番の高値が70万円を提示してくれたのです。世間相場の額なら問題ないと思っていましたが、相場程度であれば可もなく不可もなくということです。

比較査定をして最高は70万で、2位の業者は68万円でした。3番目は57万円らしく、差が開いていたので、上位2つの業者に無料の出張査定をお願いしたのです。簡単査定で1番の業者にそのまま依頼しなかった理由としては、複数社で比較しないと足元を見られると思ったからです。車買い取りサイトを読んだときも、最低でも2社とは比べると差がわかると書いてありました。そしていざ出張査定を依頼すると、70万だと思っていたけれど62万と言ってきたのです。手入れが悪いとの理由でしたが、8万も差があるのですね。しかし最初に68万と言っていた業者は、そのままの提示額で良いと言われたのです。結局当初は第二位だった業者が一番高値を付けてくれたので、その業者に引き取ってもらいました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.