自動車税 地方税法|長年使用した自動車を

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。たまに使っていた自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有台数を減らしてコストを減らそうというのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に見積もり査定をお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、よく走っているとは思いますが、平均的な走行距離です。買い取り査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ですが私にはこの車の査定相場がわかりませんので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちタブレット端末で、ソフトに入力していって通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではかなり厳しいと苦笑いしていました。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万円でどうですかと連絡が来たので、その業者に売ることにしました。

自動車税 地方税法|カーショップに行って

これまで乗っていたクルマは、ボンネットがなぜか白っぽくなっていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白っぽさが影響しているのかオンボロ車のように見えてしまうのです。一応洗車をして査定をやってもらうと、やはりボンネットの白さが査定価格に影響があると言われました。

カーショップに行ってボディの色を戻すような方法を探したところ、手軽に艶が出るようなグッズを見つけることができました。気になっていたあの部分に塗ったところ、驚くほどキレイになりました。親父からはプロにやってもらったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

再度買い取りしてもらうための査定を受けた所、前回よりも金額がアップしました。古い車だったのでどうなるのか不安でしたが、希望よりも高く査定してくれたのでよかったです。気になっていた部分も影響はなかったようです。白くなりかけていたところも周りの色に馴染ませられたし、それまでよりもより一層キレイな感じにすることが出来たから良かったのかなと思います。車買い取りを利用する時は、なるべくボディを綺麗にしておかないといけませんね。ボディの輝きが気になるときは、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額が上がるかもしれません。査定額がアップすることと艶出しの為のワックスなどの費用とを計算してみて、お得そうだったら手入れするのも良いと思いませんか。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.