自動車税 租税公課|結局下取りは依頼しないことが決定し

新モデルの登場と時期を合わせて、旧型になるマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、査定額は期待していたよりも少なく、クルマの買い取り店と比べると15万円も安い金額になっていました。

今までは下取りしか利用したことがありませんが、初めて無料の一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差に愕然としました。結局下取りは依頼しないことが決定し、車買い取り業者に売ることにしたのです。実際車買い取りサイトなどで比較してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。8社で査定を受けたのですが、30万円~76万円まで査定額にバラつきがありました。初めは一番高い額の買い取り業者に売ることを考えましたが、このサイトには3社程度は訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていました。3社で相見積もりを取る理由は、実際に目視による査定を受けることで、確定の査定額が判るからです。ネット上でも概算額はわかりますが、参考にはなりますが詳細額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、来ていただきました。

売却手続きまで含めて1時間くらいと言われていたので、土曜か日曜にまとめて査定見積もりをしてもらいました。査定してもらった結果、ネット査定額2位の査定士さんが1位の業者を逆転して、最高金額を出してきました。比較サイトでは70万未満の査定額だったのですが、それよりも高い査定の業者が存在することを知らせると、78万円まで増額してくれたのです。

自動車税 租税公課|68万までとのことでした

先日初めて車査定サイトを活用して、10社で査定比較をしてみました。毎回いつもの業者に買い取ってもらっているので、高額で買い取りしてくれるものだと思っていました。

でも実際にいくつかに査定をしてもらって判りましたが、いつもの業者は高くはありませんでした。それ以上高く買ってくれるところはないと話されていたのですが。今までは相場で売却できれば合格と考えていたのですが、そうでもなかったことを知りました。

今回売却した車なのですが相場は52万でしたが、一括の見積もりを取ったところ一番高額な査定額はなんと70万円を出してくれたのです。ソコソコの値段であれば満足だと思っていましたが、よくよく考えれば相場とは可もなく不可もなくということです。

一括査定をして最高額となった業者は70万で、2位の業者は68万までとのことでした。3位は57万程度で、上位2社とは差があったので、上位2つの業者に出張見積もりを依頼することにしたのです。概算で1番の業者にそのまま依頼しなかった理由としては、2社以上と比較しないと安いか高いのかがわからないと思ったからです。ネットの情報でも、最低2社は呼んで比較するのがコツと書いてありました。

実際に出張査定してもらいましたが、当初70万円を出してくれた業者が62万が良いところと言ってきました。キズ・ヘコミが多いという理由でしたが、8万も差があるのですね。でも68万と提示していたところは、68万でいいよと言われたのです。当初は保険のつもりだった業者が最高金額となったので、その業者に売却したのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.