自動車税 納付書 紛失|新型の登場とともに

新型の登場とともに、旧型の愛車を売ろうと思っていました。載っていた車はディーラーに下取ってもらう予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、クルマの買い取り店と比べると15万円位安い見積もりになっていました。

それまで下取りしか利用したことはなかったですが、はじめて車一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額の違いに驚きました。こういった現実を知った以上下取りはやらないことにして、専門の買い取り業者に引き取ってもらうことにしました。

実際車買い取りサイトなどで比べてみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30万円~76万円まで金額に上下が大きかったです。当初は最高額の業者さんに依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてあったと思います。複数社で見積もりを出してもらう理由は、目視による査定をしてもらうことで、査定額がハッキリと判ります。ネット上でも概算額はわかりますが、目安でしかなく詳細は車によって異なります。早速複数の買い取り店に連絡を取り、お出でいただいたのです。査定から売却手続きまでは1時間くらいと言われていたので、土日に集中的に査定見積もりをしてもらいました。目視での査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の業者が1位の業者さんを上回り、最高額の金額を出してきました。比較サイトでは70万未満の金額だったのですが、それ以上の業者がいることを伝えると、78万まで増額してくれたのです。

自動車税 納付書 紛失|ただそれ以上の金額でも

それまで乗っていた車を買い替えようと思いました。自動車の買い替えをする場合は下取りを依頼すればよいと思う以外発想がありませんでしたが、実際にはそれ以外の方法もあるのだという事を聞きました。それが一括査定でした。

初めてやることですから、何がどうなのかわかりませんでした。ネットを使って調べながら、進めていきました。まずは人気のありそうな複数の業者に申し込めるサイトを決めることにし、査定サイトを調べ、そこから査定依頼をしました。その概算査定結果を見て、どの業者に来てもらうかを決めました。

何度か両親が自動車を買い替えているのは見ていましたので、相場のどれくらいで引き取ってもらっているのかは知っていました。私が使っていた車のメンテやボディの状況を考えても、実はそれほど高く買い取ってもらえる訳がないと思っていたのですが、予測は外されました。予想以上の高い査定額になりました。もしも下取りだったらどれくらいの価格になるか、ディーラーに聞きに行ってきました。その結果は、クルマ買い取り業者の一部と同じような査定額でした。ただそれ以上の金額でも買い取ってくれそうな業者もありましたので、その買い取り専門店にお願いしました。

初めての事でしたが、順に入力していくだけで、申し込みも簡単に済ませられました。思ったよりも高く売ることができたので、次の自動車を買い変える時の費用にも充てられたので私としては大成功でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.