自動車税 納税証明書|タブレット端末で

長いこと使ったクルマを手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。2台目として所有していた自動車を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目標だったので、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、過走行車でもありませんし、平均的な走行距離です。自動車の査定は2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料は無料です。どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ですが私のような素人には乗っている車の買い取り相場が分からないので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てからタブレット端末で、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、その旨を伝えると本社の許可がいるので帰ってから返事をするとのことです。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。その直後に先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そこで決めました。

自動車税 納税証明書|日本ではこれからもまだ使える車が

あまり出回っていない珍車を売却したら、予想以上の高値で買ってもらえました。思った以上でかなり高く売却できました。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく売却しやすいとありました。これ以外のサイトには、みんなが知っているクルマや人気の車種が高く売れるとあったのです。但しその理由は特に海外においてという話でした。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということも影響しているようです。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と絶大な信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も日本製の車ですが、もしかすると外国で使ってもらえるのかもしれないと考えると夢が膨らみます。海外でなくても良いので利用されるのであればうれしいですね。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放すときの寂しさがありますが、どんな査定がされるのかや新たなオーナーを想像する楽しさがあります。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っていて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、考えるとワクワクします。

もしかすると海外かもしれず、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。自動車を手放すときには中古車を購入したいとするお客さんもいて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。

日本では、これからもまだ使える車が欲しい人に譲られていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.