自動車税 yahoo|見積もり査定をお願いしました

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に見積もり査定をお願いしました。中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、よく走っているとは思いますが、平均的な走行距離です。自動車の査定は2業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。出張査定でも無料でした。自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいですよね。ですが素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していってデータ通信しています。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると上司に相談するので明日返事するとのことでした。その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいと撤退されてしまいました。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

自動車税 yahoo|高く売れないかや

珍しいクルマを買い取りに出したら、かなりの高額で買い取ってくれました。思った以上でかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで調べたところ、ある情報ではその通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれるとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気の車が高値で買い取ってもらえるそうです。ただそれは特に外国においての話でした。

今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、物を大事に扱うといったことも影響しているようです。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。今回の車買い取りを依頼したのも日本製の車ですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想するとドキドキした気持ちになります。海外でなくても良いので使って貰っても嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、そのクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや新たな乗り手を妄想する楽しさもあります。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、売った後も考えるのです。外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ大切な記憶がぶり返してきます。車を渡す時にはクルマを売りたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。

日本では、今後も自動車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.