自賠責保険とは|わずか半年で手放したくなりました

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探していたところ、家から離れたところの中古車販売店にあったのです。

その後ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で手放したくなりました。職場の近くの車買い取りショップに無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。単純に計算すると、約50万円を半年で減らしてしまったということになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に査定してもらいました。その結果、26万でしたので買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万の差が生まれるようです。

それでも44万円減ったことには変わりないのですが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く手放すことになった可能性があったのですから助かりました。

そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを持って帰るような準備をしていませんでした。その為、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。もしもホントに買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

自賠責保険とは|手放すときは手間もないので近くのお店で

私が住むエリアは辺鄙な所で、車買い取りだけをやっているお店はありません。引き取りしてくれるのは、クルマのディーラーかガススタンドくらいです。

数年のった車を手放すときは、手間もないので近くのお店で査定してもらったのです。その査定をしてもらった結果は、手入れもしてきた車なのに30万円という査定に驚くしかありませんでした。

そのため、ネットで見た中古車の査定サイトで見積もりを出してもらったところ、予想以上の金額で売ることができました。複数業者の一括査定で出張査定を依頼することになったのは、すべてが広告やテレビCMで名前をよく聞く買い取り専門業者です。所用があったため、午前と午後に分けて実車査定をしてもらったのです。

後半に来たスタッフの方が丁寧な応対ができる方で、この車種のこの色を欲しいという人がいるので査定額も勉強しますとおっしゃいました。買い取り価格も40万円と10万上げてくれたので、そのスタッフさんに売ろうとすぐに決めたのです。このスタッフの方は準備周到で、輸送用のクルマのを手配して来られていたようでその場で手続きをして持っていきました。遠くから来てもらってもと考えていましたが、地元の業者にしてもらった時より明らかに楽でした。それから、手続きなどはみんなやってもらうことができ、その上相場以上の価格で、ネットの一括査定を使ってとてもラッキーでした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.