自賠責保険料改定|ノート型のパソコンを使って

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。たまに使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに台数をへらしてコストダウンを図るのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ただ素人の私には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てからノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していってネット通信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。その直後に先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

自賠責保険料改定|一括査定サイトを活用しなければ

長く乗ってきた車を、もうすぐ来る車検のまえに思い切って売ることになりました。若干飽きていたのに加え、別の車を運転してみたいという思いが沸きあがってきたからです。

今までに比べて、最近は車の燃費も良くなっていてガソリン代も食いません。できるだけ高い金額で買取ってもらえたら、心の中でそう考えていたものですから、高く買ってくれそうな業者を調べていました。すると無料の査定比較サイトを使った後で、クルマの売却先を決めているほとんどの方が、売却した額に満足している事に気がついたのです。

今までは、近くの買い取り業者に、査定をお願いするという感じでした。でもそれだと、提示された査定額が適正と言えるのかどうか、素人には判断しようがありません。比較できるサイトを使っていけば、厳選された業者のなかから最も高い金額をつけてくれた業者に売却できるという手軽さがあります。さっそく私たちも、車種や年式や色などを入力して一括の査定を依頼してみたところ、驚くような高い金額の査定となっていたので、ビックリしてしまいました。気が変わらないうちに連絡を入れ話を伺ってみたところ、簡単査定で表示された額と殆ど変わらない金額で売却できました。一括査定サイトを活用しなければ、そう思っただけでも恐ろしくなりました。

今回の場合ですが、思ってもみなかったような高値で売れたので大大大満足です。いきなり売却というのも、決心がつかないという方も多くいると思われますので、まずは気軽に相場を調べるところから始めてみるといいかなと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.