自賠責保険料金表 2017|2位のお店が1位の

新型の発売に合わせて、今のクルマを引き取ってもらおうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、思いのほか安かったし、クルマの買い取り店と比べると15万円も安い金額になっていたのです。

それまで下取りしかやっていませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額の違いに驚きました。そんなわけで下取りはしないことにして、買い取り専門店に引き取ってもらうことにしました。

車一括査定サイトで差を見てみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。7社に査定してもらいましたが、30万円~76万円まで色々な評価があることがわかりました。当初は76万円の業者1社に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には出張査定を受けたほうが良いですよと書かれていたのです。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際のクルマをみてもらうことで、はっきりした査定額が判るからです。ネット上では概算は判りますが、参考値でしかなく詳細額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、自宅まで来てもらうことにしたのです。売却手続きまで含めて1時間もあればとのことでしたから、集中的に出来る日に査定を受けることにしました。査定してもらった結果、ネット査定額2位のお店が1位の業者さんを上回り、一番高い金額を出してきました。比較サイトでは70万未満の査定金額だったのですが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、78万弱までアップしてくれました。

自賠責保険料金表 2017|国産メーカーの車ですが

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で買い取ってくれました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。認知度が高いクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べてみたところ、ある情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取るとありました。これ以外のサイトには、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で売れやすいとありました。但しその理由は海外向けとのことでした。

国産のクルマは海外で喜ばれます。日本人特有の、ものを大切にする習慣も関係あるのではないでしょうか。私が思うに、日本の自動車は世界レベルと言い切れます。

今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、もしかして海外で使って貰えるのかもと思ってみるとドキドキした気持ちになります。それが国内であっても使ってもらえるのはいいですね。

車買い取りの際は、慣れ親しんだクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、買い取り価格のことや新たなオーナーを想像する楽しさがあります。もしかなうのなら誰が使っているのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どこにいるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

どこにあるのかわかりませんが、何れにせよ大切な記憶がぶり返してきます。車を売り渡すときにはクルマを売りたいと思っている人がいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。

豊かな日本において、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.