自賠責保険料|買い取り専門店にだけ

長年使用した自動車を手放すことになる日は必ず来ます。寂しい気持ちになり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、買い替えせずに所有台数を抑えて経費節減をするというのが目的だったので、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

この車は新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年間1万キロ程度なので、過走行車でもありませんし、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

自賠責保険料|売却したいのなら

今回売ったクルマなのですが昨年末に中古で買ったクルマです。4輪駆動の自動車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を探していましたが、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

しかし、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、とうとう半年で売却することにしました。近くにある中古車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、多めに見積もっても20万円が相場だそうです。

この自動車は半年前に購入したとき70万円支払いました。計算したくもありませんが、6カ月で50万円も減らしてしまったということになります。これはさすがに安いのではないかと思い、知り合いが売却していた大手の買い取り業者に査定してもらったのです。ここでの査定結果は、26万でしたので買い取ってもらえました。複数業者の査定では6万円の差がありました。

しかし44万円のマイナスには違いないですし、2社で査定しなかったら、それ以上に安く手放すことになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。そのまま引き取ってもらうつもりでありましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを持って帰るような考えではなかったようです。そのため、後日の引き取り時に輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売却したいのなら、最初から言っておけばよかったと後悔しています。今度利用する場合には、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.