自賠責保険更新|算出された査定金額というものが

長く乗ってきた車を、車検が到来する前に思い切って手放すことにしました。マンネリ化もあって、別の車を運転してみたいといった感じが思いのほかしてきたからです。これまでとは違い、最近は車の燃費も良くなっていてガソリン代も食いません。手放す車は高く買い取ってほしい、そう思っていたので、高く買ってくれると評判の業者を調べました。すると比較サイトを使った後で、売却を決めている方の多くが、手放した金額に満足されていることが判りました。

今までは、買い取り業者に伺って、査定してもらうケースという形が普通でした。しかしそれだけでは、算出された査定金額というものが相場と比べてどうなのか、車業界にいない私には判断できません。比較サイトを活用した場合、その中の業者で高めの金額を提示してくれたショップに売る手配ができるといった良さがあるのです。

さっそく私たちも、車種やボディカラーなど入力して一括査定をお願いしたところ、思わず目が飛び出してしまうような高額査定だったので、ビックリというほかありません。直ぐに連絡を入れ聞いてみたところ、ネット査定額とほぼ同じくらいで買い取ってもらえることになりました。一括査定サイトを使っていなければ、そう思っただけでも冷や汗が出るくらいです。今回の場合ですが、思いもよらぬ高額で売却できたので嬉しかったです。売却となると、不安感がある方もおられるでしょうから、まずは世間相場を調べるところから始めてみるといいかなと思います。

自賠責保険更新|26万となりましたので買い取って

今回車買い取りをしてもらった車は1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車では高くて手が出ません。そのため良質の中古車を探していたところ、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

ところが、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、とうとう半年で売却することにしました。家の近くのクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても20万が上限とのことです。

このクルマを私は6カ月前に70万円で購入しました。これを計算すると、半年で50万円も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった大手の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。その結果、26万となりましたので買い取っていただきました。わずか2社の比較でしたが6万円の差になったみたいです。それでも44万減った事実に変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売却することになっていた可能性もあっただけに助かったともいえます。

そのまま持って行ってもらうつもりでありましたが、査定だけと思われていたようで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。そういったこともあって、後日来られる際に輸送代を取られてしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から伝えておくべきだったなと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.