自賠責保険解約返戻金|購入から半年ほどで

今回車買い取りをしてもらった車は1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、職場の近くにある中古車販売店で良い車を見つけました。

ところが、喜びもつかの間、あれもこれもと故障がでてしまい、購入から半年ほどで手放したくなりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よくて20万円にしかならないというのです。このクルマを私は6カ月前に70万出して買いました。この状況を端的に言えば、半年で50万円も資産が減ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、知り合いが売却していた知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。ここでの査定結果は、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く売ってしまうことになったかもと思うとまだ助かったと言えます。

このまま買い取りしてもらうつもりだったのですが、業者さんは査定のみと考えていたようで、自動車を運ぶような準備をしていなかったようです。ですので、後日来てくれた際には輸送代を取られてしまいました。もし本当に売却したいのなら、最初から言っておけばよかったと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

自賠責保険解約返戻金|手放さないといけない寂しさもありますが

珍しいクルマを売りに出したら、予想以上の高値で買ってもらえました。考えていた以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。ネットで調べてみたところ、そのページに書かれていた内容では想像できなかったですが、珍しいクルマは高く買い取ってくれやすいとありました。これ以外のサイトには、売れている自動車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。ただそれは海外に向けての話のようでした。日本の自動車は海外で喜ばれます。日本人が使っていたという、丁寧に乗っているだろうということも影響しているようです。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと言い切れます。今回売った車も国産の車ですが、もしかして海外で使って貰えるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で利用されるのであればうれしいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れたマイカーを手放さないといけない寂しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや次の運転手を思い浮かべる楽しさなどがあります。できるのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

外国なのかもしれませんが、いづれにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。自動車を手放すときには複数の車を売りたいと思っている人がいて、欲しいと不要がバランスよく上手く取れているものと思いました。

素敵な日本で、今後も良質な中古車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.