自賠責保険証|このまま買い取りしてもらう

今回売却した自動車は昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに乗ってみたかったのですが、新車はとても無理でした。そこで良い中古車はないかと探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売のお店にありました。

しかし、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、とうとう半年で売ってしまうことになりました。家の近くの自動車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、よく頑張っても20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で失ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、知り合いが売却していた知名度のある買い取り店に無料査定を依頼しました。査定の結果としては、26万円となり引き取ってもらうことになりました。2社の比較ですが6万円の差になったみたいです。

しかし44万円のマイナスには変わりはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、それ以上に安く売却することになっていた可能性もあっただけに助かったともいえます。

このまま買い取りしてもらうと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていませんでした。そういったこともあって、後日来られたときには輸送代を取られてしまいました。もし本気で売ってしまおうと考えているのなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そういったことにも気を付けようと思います。

自賠責保険証|買い取りサイトを参照すると

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型の愛車を引き取ってもらおうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、思いのほか安かったし、クルマの買い取り店と比べると15万程度も離れた額になっていました。

それまで下取りしか利用したことがありませんが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して見たところ、その査定額の差にビックリしました。結局下取りは依頼しないことが決定し、車買い取り業者に売ることにしたのです。

クルマの一括査定サイトなどで比べてみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30~76万まで金額がバラバラでした。初めは一番高い額の買い取り業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトを参照すると複数の業者に出張査定を受けたほうが良いですよと書かれていたのです。

3社に見積もりを出す理由は、目視による査定をしてもらうことで、査定額がハッキリと判ります。ネット上で判る査定額は、参考的なものであり詳細額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらったのです。

出張査定の時間は1時間くらいと言われていたので、土日など休みの日に査定してもらうことになりました。目視での査定の結果、ネット査定額2位のお店が1位の業者さんを上回り、最高の査定額を提示してきました。比較サイトでは70万未満の査定金額だったのですが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.