自賠責保険 会社|過走行車扱いにはなるはずも無く

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。たまに使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて台数をへらして経費の節約を図るというのが目的だったので、中古車買い取りを専門としている業者に査定をしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところに売却したいものです。でも素人には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較することにしました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てからパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってネット通信していました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それをスタッフさんに伝えると本社の許可がいるので帰ってから返事をするとのことです。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、66万円という査定額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではとても難し額ですと帰られてしまいました。それからしばらくして最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

自賠責保険 会社|ならばとカーショップに行って

これまで乗っていたクルマは、ボンネットがなぜか白くなっていました。濃い色の車だったのですが、その白さが目立ってやけにボロボロな車に感じてしまいます。クルマを洗ってみましたが査定をやってもらうと、ボンネットの白さが査定金額に影響があると言われました。

ならばとカーショップに行ってボディの色を戻すような方法を探したところ、艶を出すことができるグッズを見つけることができました。気になっていたあの部分に塗ったところ、驚くほどキレイになりました。それを見た人からいくらかかったと言われた程です。

再度車買い取りの為の査定に出したところ、前回よりはるかに高額になりました。古い車だったのでどうなるのか不安でしたが、希望よりも高く見てもらえたので嬉しかったです。勿論ボディの色に関しては問題なかった様子でした。白くなりかけていたところも周りに同化できているし、今まで以上にピカピカにすることが出来たのが良かったようです。

クルマの査定を受ける前には、ボディを磨いておくなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額に変化が出る事も有ります。査定金額のアップと輝きを出すための手間とアイテムの費用とを計算してみて、損しないと思ったらやってみるのもアリです。1000円程度のワックスで、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.