自賠責保険 割引|長年乗り続けた愛車を

長年乗り続けた愛車を、車検が来る前に手放すことになりました。マンネリ化もあって、別の車を運転してみたいそんな思いが沸きあがってきたからです。以前に比べ、最近の流行は低燃費車ですからガソリン代も節約できてOKです。出来れば高値で買い取って欲しい、そういった思いが艶かったので、高額査定が評判の専門店を探してみました。すると一括査定サイトを使って、売却を決めている方の多くが、その査定額に満足されているようなんです。

これまでは、近くの買い取り業者に、査定してもらうケースという感じでした。しかしそれでは、提示された査定金額そのものが適切なのか、素人である私達には判断が出来ません。一括査定サイトを活用した場合、厳選された買い取り業者の中でも最も高額の査定業者にクルマの売却をお願いできるというメリットがあるのです。

そこで私も、車種や年式等必要な情報を入力して一括査定をお願いしたところ、目が飛び出るような高い金額の査定となっていたので、ビックリしてしまいました。すぐ連絡したら出張してくれたので聞いてみたところ、ネットで提示された額とまず変わらない値段で買い取ってもらえることになりました。ネットで査定をしていなければ、そう思うだけで恐ろしくなりました。

今回の場合ですが、想像していなかった金額で売却できたので嬉しかったです。いきなり車の売却というと、抵抗感がある方もいると思いますから、まずはクルマの相場をチェックしてみるところからやってみましょう。

やはりボンネットの白さが

以前乗っていた車は、ボンネットの目立つ部分がなぜか白くなっていました。濃い色の車だったのですが、白い部分が妙に目だちやけにボロボロな車に感じるのです。クルマを洗ってみましたが買い取り査定してもらうと、やはりボンネットの白さが査定額に影響を与えるという事を聞きました。

ならばとカーショップに行ってボンネットの色を戻す方法はないか見ていたら、簡単に艶を出す事が出来る商品がありました。早速それを気になる部分に塗った所、とてもピカピカになったのです。友人には新しく車を買ったのかと言われた程です。

そこでもう一度査定に出したところ、前回よりも金額がアップしました。古いものでもありましたからどうなるのか不安でしたが、希望よりも高く査定してくれたのでよかったです。無論色についても何か言われることもありませんでした。白っぽく感じた色も周りの色に馴染ませられたし、これまでよりもそれ以上につややかにする事が出来たから良かったのかなと思います。

車買い取りを依頼する時には、車を掃除するなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの艶がないときなどは、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定額に変化が出る事も有ります。査定見積もり額のアップと艶を出すためのグッズ代と手間を良く比較してみて、お得と感じたら手入れするのも良いと思いませんか。千円くらいの出費があっても、査定額は数万円アップしました。

2番の業者は68万円という僅差でした|車買取 t×t

この前初めてネットの車買い取りサイトを使って、10社と比較検討してみました。いつもは近所の業者に依頼しているので、それなりの値段でやってくれていると思い込んでいました。

しかし今回査定を複数もらって理解できましたが、いつもの買い取り業者はそれほど高くなかったようなんです。それ以上高く引き取ってくれるお店はないと話していただけに残念でした。これまでは相場で売れたら合格と考えていたのですが、もっと高い値段でも売れたみたいです。

今回売ることになった車は52万円が相場のようでしたが、査定を複数取ってみたところ一番高い提示額は70万円と提示してくれました。相場で売れれば満足できると怒っていたけど、考えてみれば相場というのは可もなく不可もなくということです。

複数の査定をして最高額となった業者は70万で、2番の業者は68万円という僅差でした。続いて三位は57万円と、差があったので、上位の二社に無料の出張見積もりをお願いしたのです。簡単査定で1番の業者にそのまま依頼しなかった理由としては、複数の業者に競わせないと安く買いたたかれるかもと思ったからです。車買い取りサイトを読んだときも、最低2社は呼んで比較しないとダメと書いてありました。

出張査定の時には、概算で70万と言っていた業者が62万程度の査定額になりました。傷や凹みがあるらしいのですが、8万も差があるのですね。しかし最初に68万と言っていた業者は、68万でいいよと言ってきました。結局当初は第二位だった業者が最高額になりましたので、その業者に売却したのです。

なった可能性があったのですから

今回車買い取りをしてもらった車は1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。

ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。まずは近隣の自動車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、最大限頑張っても20万円にしかならないというのです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。計算したくもありませんが、6カ月で50万円も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万でしたので買い取っていただきました。地元と大手とでは6万円の差になったみたいです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いないですし、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで売却するはめになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、自動車を運ぶような準備をしていなかったようです。そういったこともあって、後日来てくれた際には輸送賃がかかってしまいました。もしもホントに買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと反省しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/11/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.