自賠責保険 原付|持ち込み査定してもらったら

今回売却した自動車は昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車では高くて手が出ません。そこで良さげな中古を探していたところ、家から離れたところの中古自動車販売店で見つけました。

その後ですが、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、わずか半年で買い替えを考えました。家の近くの車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よくて相場以下の20万円らしいです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。単純計算では、半年50万程度も財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定してもらいました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万の差が生まれるようです。それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、6万円低い額で手放すことになっていたかもと思えば助かったともいえます。

この状態で持っていくつもりでありましたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを持って帰るような準備をしていませんでした。その為、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。本当に売るつもりならば、最初から言っておけばよかったと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのことも覚えておこうと思います。

自賠責保険 原付|やけにボロ車に感じてしまいます

前に使っていた自動車は、ボンネットが薄白く見えていました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白っぽさが影響しているのかやけにボロ車に感じてしまいます。洗車も一応しましたが買い取り査定してもらうと、ボンネットの白さが査定金額に影響すると聞きました。

カーショップのようなところに行ってボンネットの色を戻す事は出来ないか見ていた所、艶を出すことができるアイテムを見つけました。早速それを気になる部分に塗った所、とてもピカピカになったのです。親父からは新車にしたのかと言われるくらいの仕上がりでした。もう一回出張査定見積もりをやったところ、前回よりも査定額がアップしました。古いものでもありましたからどんな結果になるのか心配でしたが、想像以上に高く評価されました。ボディの色なども特に指摘もありませんでした。白くなってしまっていたところも基の色に近づけることができ、今まで以上に綺麗にすることができたのが何よりよかったです。

クルマを売る前には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディカラーが気になる場合は、ワックスを使って綺麗にするだけでも相場以上の査定になるかもしれません。査定見積もり額のアップとピカピカにするためのワックスなどの費用とを計算してみて、お得そうだったらやってみましょう。私は1000円の投資で、数万円の差が出るならいいですよね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.