自賠責保険 国|喜びもつかの間あれもこれもと故障がでてしまい

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を探していましたが、自宅から少し離れた町の中古車販売のお店にありました。

ですが、喜びもつかの間、あれもこれもと故障がでてしまい、購入から半年ほどで売ってしまうことになりました。職場の近くの車買い取り業者に査定を依頼したところ、せいぜい20万円にしかならないというのです。

この自動車は半年前に総額70万で買いました。単純計算では、半年間で約50万も資産が減ったことになります。これでは納得できないので、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に査定してもらいました。査定の結果としては、26万となりましたので買い取ってもらえました。比較した査定をすることで6万円の差になったみたいです。それでも44万円減ったことには変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、6万円損した感じで売ってしまうことになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。

このまま買い取りしてもらうつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。その為、後日来られる際に輸送料として減額されてしまいました。もしも売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

自賠責保険 国|想像以上に安い査定額となり

お気に入りの車種の新モデルと同時に、買い替えのためにマイカーを売却しようと考えていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、クルマの買い取り店と比べると15万円位安い見積もりになっていたのです。今までは下取りしか利用していませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額の違いに驚きました。それにより下取りは依頼しないことが決定し、専門の買い取り業者に売却する話となりました。

クルマ買い取りのサイトで比較検討したところ、査定額にものすごい差がありました。6つの業者で査定してもらいましたが、30万円~76万円まで金額に上下が大きかったです。当初は最高額の業者さんに売却することを考えましたが、買い取りサイトを参照すると少なくとも3社とは訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていました。

3社に見積もりを出す理由は、実際に観てもらうことて、確定の査定額が判るからです。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考的なものであり確定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、お出でいただいたのです。

査定に必要な時間は1時間もあればとのことでしたから、集中的に出来る日に査定をお願いしました。査定してもらった結果、サイトで表示された概算査定額2位のお店が1位の業者を追い抜き、最高額の見積もりを提示してきました。ネットでは70万を切った金額でしたが、それよりも高い査定の業者がいることを伝えると、78万弱までアップしてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.