自賠責保険 持ち物|その金額の違いに驚きました

新型モデルの登場と同時に、旧型の愛車を引き取ってもらおうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りに出す予定でしたが、期待していた査定額にはならず、買取専門店と比較すると15万程度も離れた額になっていたのです。

これまでもディーラーの下取りしかやっていませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用してみて、その金額の違いに驚きました。それにより下取りは依頼しないことが決定し、自動車買い取り店に引き取ってもらうことにしました。

実際車買い取りサイトなどで比較してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。複数の業者で査定を受けましたが、30万から76万まで査定額にバラつきがありました。当初は76万円の業者1社に売ることを考えましたが、買い取りサイトには複数の業者に訪問見積もりを受けたほうがいいと書いてありました。

3社での見積もりが必要な理由は、実際に目視による査定を受けることで、査定額がハッキリと判るからです。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考にはなりますが詳細は実車しだいです。そのため出張依頼を3社にして、来てもらうことにしました。

査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、集中的に出来る日に査定してもらうことになりました。出張してもらっての査定の結果、サイトで見た査定額2位の査定士さんが1位の査定額を抜いて、最高の査定額を出してくれました。ネットでは70万を超えない金額でしたが、それよりも高い査定の業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。

自賠責保険 持ち物|最高額の業者にそのまま売却しなかった理由は

今までしたことはありませんでしたがネットの車買い取りサイトを使って、複数の見積もりを取ってみました。いつもは知り合いの業者に依頼しているので、高額で買い取りしてくれるものだと思い込んでいました。

でも実際に複数社に査定してもらってわかったのですが、毎回お願いしているお店は相場以下だったのです。うちより高額で買ってくれるところはないと聞いていたので意外なものでした。相場より高値で売れれば合格と考えていたのですが、もっと高い値段で売れることを知ってしまいました。

今回売った自動車の世間相場は52万でしたが、一括査定をやってみたところその中で一番の高値が70万円を出してくれそうです。相場以上なら合格と思っていましたが、相場程度であれば高くも安くもない額ということです。

比較査定をして最高額となった業者は70万で、2位の業者は68万までとのことでした。3位は57万程度で、差が開いていたので、第一位と二位の業者に無料の出張査定を依頼することにしたのです。最高額の業者にそのまま売却しなかった理由は、複数の業者に競わせないと足元を見られると思ったからです。一括見積りサイトにも、最低2社は呼んで比較するべきだと書かれていました。

出張して見積もってもらったら、概算で70万と言っていた業者が62万円まで値を下げてきたのです。凹みが目立つとの理由でしたが、8万の差は驚きです。しかし最初に68万と言っていた業者は、68万でいいよと言ってくれたのです。概算見積もりは2番だったけど一番高値となったので、その会社に売却しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.