自賠責保険 東京海上|買い取り額がいくらになるのかや

あまり出回っていない珍車を売却したら、なぜか高額査定となり買い取ってくれました。思っていたよりもかなり高値で買い取って貰えたのです。みんなが知っている車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そこの情報では予想に反して、珍しいクルマは高く買い取ってくれやすいとありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。でも条件も書いてあって海外向けとのことでした。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が使用していたからもあり、ものを大切にする習慣も影響しているようです。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と思っています。

今回売却したクルマも日本製の車ですが、もしかすると外国に持って行くのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車買い取りの際は、乗ってきた車を手放さないといけない寂しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや次の運転手を妄想する楽しさもあります。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。どこでどんな使い方をされて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

もしかすると海外かもしれず、どこにせよ可愛がっていた車なのです。クルマを引き渡すときにはクルマを買いたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。

日本では、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

自賠責保険 東京海上|喜んで乗っていたのですが

買い取りしてもらったクルマは昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため良質の中古車を探していたところ、職場の近くにある中古自動車販売店で見つけました。

しかしその後、喜んで乗っていたのですが、立て続けにトラブルが発生し、半年少々で手放すことになりました。試しに自宅の近くにある自動車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、よく頑張っても20万円が相場だそうです。

私はこの車を半年前に約70万で購入したのです。この状況を端的に言えば、6カ月で50万円も減らしてしまったということになります。さすがに安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取っていただきました。複数業者の査定では6万の価格差がありました。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万以上安く手放すことになっていた可能性もあっただけに助かります。そのまま引き取ってもらうつもりになっていましたが、査定だけと思われていたようで、車を持って行く準備をしていませんでした。ですので、後日の引き取り時に輸送賃がかかってしまいました。もしも売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。次回があれば、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.