自賠責保険 相手の車|その業者さんに引き取ってもらおうと

私が住むエリアはかなり田舎で、クルマの買い取り専門でやっているお店はありません。引き取りしてくれるのは、車のディーラーか中古車販売しているところです。数年のった車を売却した時ですが、どこでも同じだろうと地元で査定してもらいました。ですが、大切に乗ってきた車でしたが30万円という査定に悲しくなりました。そんなわけで、ネットで見た中古車の査定サイトで試しに見積もってもらうことにしたところ、思っていた以上の高額で買い取ってもらえました。無料の一括査定で出張査定を依頼することになったのは、どちらもネットやテレビCMで名前をよく聞く買い取り業者でした。そうそう休めないので、時間差をつけて見積もりしてもらいました。

午後に来てくれた業者のスタッフが活気のある方で、この車のこのカラーを求めている人がいるのですぐ買い取りたいとおっしゃいました。査定の結果は40万円と10万円アップだったので、その業者さんに引き取ってもらおうとすぐに決めたのです。このスタッフの方は買う気マンマンだったらしく、大きな輸送用の車で出張して来たみたいでその場で手続きをして持っていきました。

遠くから呼ぶのもと考えていましたが、地元で手続きするよりも手間は少なく感じました。なんといっても、面倒な手続きはほとんどやってくれるし、その上相場以上の価格で、ネットの査定サイトを活用して本当に良かったと思います。

よくて相場以下の20万円らしいです

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良さげな中古を探していたところ、少し離れたところにある中古自動車販売店で見つけました。

しかしその後、喜んで乗っていたのですが、立て続けにトラブルが発生し、購入から半年ほどで手放すことになりました。近くにある中古車買い取り業者に査定を依頼したところ、よくて相場以下の20万円らしいです。

この自動車は半年前に購入したとき70万円支払いました。これを計算すると、6カ月で50万円も消化してしまったことになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった大手の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万円で買い取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万円の差がありました。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万円も安く売却するはめになっていたかもと思えば助かったともいえます。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、査定だけと思われていたようで、クルマを引き取るような感じではありませんでした。その為、後日来られたときには輸送代を取られてしまいました。もしもホントに売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、そのあたりも注意したいと思います。

所有している自動車を|自賠責保険 保険期間

新型モデルの登場と同時に、所有している自動車を売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、買い取り業者と比べると15万程度も離れた額になっていました。

これまでもディーラーの下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用して見たところ、その金額差におどろきました。こういった現実を知った以上下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門店に売ることになりました。

車買い取りサイトで差を見てみたところ、査定額にものすごい差がありました。6つの業者で査定してもらいましたが、30~76万まで色々な評価があることがわかりました。当初は76万円の業者1社に売ることを考えましたが、買い取りサイトを参照すると少なくとも3社とは出張査定を受けたほうが良いですよと書いてあったと思います。

3社に見積もりを出す理由は、実際に観てもらうことて、本当の査定額がわかるからだそうです。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考にはなりますが詳細は車によって異なります。そこで3社に出張依頼をして、来てもらったのです。

出張査定の時間は1時間程度と言われたので、土日など休みの日に査定してもらうことになりました。出張してもらっての査定の結果、概算査定額2位だった業者が1位の査定額を抜いて、最高額の金額を出してくれました。ネットでは68万円という査定額だったのですが、76万を提示してくれた業者がいることを伝えると、78万円まで増額してくれたのです。

もしかして海外で活躍する

珍車を買い取り業者に出したところ、想像以上の価格で買い取ってくれました。予想していた以上にかなり高額で売れたのです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べたところ、ある情報ではその通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気の車種が高く売却できるとあったのです。それは海外輸出向けみたいですね。

今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人特有の、物を大事に扱うといったことも影響しているようです。私が思うに、日本の自動車は世界レベルと信頼しています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産の車ですが、もしかして海外で活躍するのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。もちろんそれが国内で使ってもらえるのはいいですね。

車買い取りの際は、慣れ親しんだクルマを手放す寂しさもあるのですが、買い取り価格のことや次の運転手を思い浮かべる楽しさなどがあります。叶うなら誰が使っているのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときには中古車を買いたいと思っている人がいて、欲しいと不要がバランスよく取れているんでしょうね。

素敵な日本で、これからもまだ使える車が必要としている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/08 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.