自賠責保険 被害者請求|長い年月使用した車を

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。たまに使っていた自動車を売ることになり、乗り換えるのではなく車の台数を減らすことでコストダウンを図るのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ見積もりをしてもらいました。

この車は新車で購入し、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、特に多いわけでもありませんし、多いわけでもありません。買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。でも素人にはこの車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較することにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が自動車を見てからノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していって通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、なかなか難しそうな感じで撤退されてしまいました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

自賠責保険 被害者請求|日本ではこれからも質の良いクルマたちが

珍しいクルマを買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取って貰えました。予想していた以上にかなり高額で売れたのです。馴染みの深い車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、そのページの情報では想像できなかったですが、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気車種が高値で売却できるとあったのです。でも条件も書いてあって特に海外においてという話でした。

今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人が使っていたという、ものを大切にする習慣も影響しているのでしょう。私の考えも、日本のクルマは世界で一番と言い切れます。

買い取ってもらった自動車も日本のメーカーですが、もしかすると外国に持って行くのかもと思ってみると夢が膨らみます。もちろん海外でなくても使ってもらえるのはいいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放す悲しさもありますが、高く売れないかや新たな乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしも可能なら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな所で普段待機しているのかなど、売った後も考えるのです。

どこにあるのかわかりませんが、どこにせよ思い出が蘇る気分です。車を渡す時には中古車を購入したいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。

日本では、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.