自賠責保険 説明|参考値でしかなく

新型の登場とともに、今のクルマを売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取ってもらう予定でしたが、期待した査定額とは離れており、車査定買者とくらべてみても15万円位安い見積もりになっています。

今まで買い取り業者とかは利用していませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差に愕然としました。結局ディーラーへの下取りはやらないことにして、車買い取り業者に売却する話となりました。

クルマの一括査定サイトなどで比べてみたところ、査定額にものすごい差がありました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、32万~76万まで金額がバラバラでした。最初は76万の業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトでは少なくとも3社とは立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてあったと思います。3社で相見積もりを取る理由は、実際に観てもらうことて、査定額がハッキリとわかるからだそうです。ネット上で判る査定額は、参考値でしかなく詳細額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

出張査定の時間は1時間位らしいので、土日に集中的に査定を受けることにしました。出張してもらっての査定の結果、ネットで表示された査定額2位の買い取り業者が1位の業者を追い抜き、最高金額を出してくれました。ネットでは70万を超えない金額だったのですが、76万円の業者が存在したことを匂わしてみると、78万弱までアップしてくれました。

自賠責保険 説明|この車種でこのボディカラーを

私の住んでいるところはかなり田舎で、中古車の買い取り専門で行っている業者はありません。買い取りをしているのは、車のディーラーかガソリンスタンドだけです。

5年程度使った愛車を手放すときは、急いでいたこともあり地元で見積もり査定をしてもらいました。その査定結果ですが、大事に乗ってきた車なのに30万ほどの見積もり額にビックリしました。

そこで以前、ネットで見た中古車の査定サイトで算定してもらったところ、思っていた以上の高額で売ることができました。一括査定依頼で来てもらうことになった2社は、どちらもインターネットやテレビなどで見たことのある車買い取り業者でした。仕事もあり休めないので、午前と午後に分けて見積もりしてもらいました。午後に来られた業者の方は活気のある方で、この車種でこのボディカラーを求めている人がいるのでぜひ買い取らせてもらいたいとおっしゃいました。気になる査定額は40万円と10万の差もあって、そこで売ろうとすぐに決めました。そのスタッフさんはとても段取りが良く、運転手2名で来られていたみたいでその場で手続きをして持っていきました。

遠くだと手間がかかると考えていましたが、地元の業者よりも断然楽でした。メリットとしては、面倒だった手続き関係は準備が出来ているのですぐ終わりますし、売却額も高くなるなど、ネットの査定サイトを活用してとってもお得だったと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.