自賠責保険 請求|載っていた車はディーラーに

新型モデルの登場と同時に、買い替えのためにマイカーを引き取ってもらおうと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、査定額は期待していたよりも少なく、車買い取り業者と比較しても15万円以上も安い額になっています。

それまで下取りしか利用したことがありませんが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用して見たところ、その査定額の差にビックリしました。結局ディーラーへの下取りはやめる方向とし、自動車買い取り店に引き取ってもらうことにしました。

車買い取りサイトで比較検討したところ、査定金額に大きな開きがありました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30~76万まで金額がバラバラでした。最初は76万の業者に売却しようかと思ったのですが、このサイトには複数の業者に立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてありました。

3社に見積もりを出す理由は、実際に観てもらうことて、本当の査定額がわかるからだそうです。ネット上では概算は判りますが、参考値でしかなく詳細額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、土日に集中的に査定してもらいました。目視での査定の結果、サイトで見た査定額2位の査定士さんが1位の業者を逆転して、最高金額を提示してくれました。サイト内では70万を下回る金額でしたが、76万を提示してくれた業者があったことを伝えてみると、78万円まで増額してくれたのです。

自賠責保険 請求|単純に計算すると

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに乗りたいと思っていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで質の良い中古車を探していましたが、家から離れたところの中古車販売のお店にありました。

その後ですが、乗って楽しかったのは少々、トラブルが次々発生し、とうとう半年で売却することにしました。近くにある車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても20万円にしかならないというのです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。単純に計算すると、半年で50万円も失ったことになります。これは満足いくわけもないので、友人が売っていた人気の買い取り業者に無料査定を依頼しました。ここでの査定結果は、26万円で買い取ってもらうことができました。2社の比較ですが6万円の差がありました。それでも44万円減ったことには違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円損した感じで売却することになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

このまま買い取りしてもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車を持って行く準備をしていなかったようです。そんなこともあり、後日の引き取り時に輸送料として減額されてしまいました。もし本気で売却したいのなら、ハナから言っておくべきだと反省しています。今度買い取ってもらう時は、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.