自賠責保険 還付|クルマの買い取り専門店に

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に見積もりをしてもらいました。中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。ただ素人の私には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較することにしました。

最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してからノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していってデータ通信しています。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するので明日返事するとのことでした。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、66万円という査定額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。その直後に先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、喜んでOK出しました。

自賠責保険 還付|どうなるのかと思っていましたが

前に乗っていた車は、ボンネットの一部分がなぜか白くなっていました。濃い色の車だったのですが、白い部分が妙に目だちボロボロの中古車に見えてしまいます。一応洗車をして査定をやってもらうと、ボンネットのところの色が査定額に響いてしまうそうです。

ならばとカーショップに行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、ボディに艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。すぐにそれを使ってみたところ、とてもピカピカになったのです。母親からいくらかかったと言われるくらいの仕上がりでした。

再度車買い取りの為の査定をしてもらったところ、前回よりも金額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどうなるのかと思っていましたが、思ったよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。無論色についても問題なかった様子でした。白くなってしまっていたところも基の色に近づけることができ、より一層ピカピカにすることが出来たから良かったのかなと思います。

車買い取りを利用する時は、車の艶を出しておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディの輝きが気になるときは、ワックスで磨いておくだけでも査定額が上がるかもしれません。査定見積もり額のアップとつややかにするための手間などを良く比較してみて、お得そうだったら手入れするのも良いと思いませんか。1000円程度のワックスで、数万円の差が出るならいいですよね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.