自賠責保険 120万|輸送料として減額されてしまいました

今回売ったクルマなのですが昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。

しかしその後、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、半年少々で手放したくなりました。職場の近くの車買い取りショップに査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万とのことです。私はこの車を半年前に70万出して買いました。計算したくもありませんが、半年50万程度も財産が目減りしたことになります。これは満足いくわけもないので、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。その結果、26万円となり引き取ってもらえました。地元と大手とでは6万円の差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、2社で査定しなかったら、それ以上に安く売ることになったかもと思うと助けられたとも言えます。

この状態で持っていくつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを引き取るような段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日の引き取り時に輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

自賠責保険 120万|思っていますが実際にはそれ以外の方法も

これまで乗っていたクルマを買い替える事になりました。車を買い替えるときにはクルマのディーラーに下取りをしてもらうしかないと思っていますが、実際にはそれ以外の方法もあるようだと聞きました。それが車買い取りでした。

初めてやることですから、何がどうなのかわかりませんでした。ネットの画面を見ながら、手続きを進めました。まずは評判の良さそうな複数の業者に申し込めるサイトを決めることにし、査定サイトを調べ、査定申し込みをしました。その結果を見て、実際に来てもらう業者をどうするのか家族で相談したのも覚えています。

今までにも兄弟が車を買い替えている様子は見ていましたので、どれくらいの価格で下取りされていたかは知っていたのです。私がこれまで乗っていた車の年式や車の使用状況や状態から、実はそれほど高く買ってはもらえないと思っていたのですが、予測は外されました。予想以上の高い査定額になりました。

これが下取りとしたらどれほどの見積もりになるか、ディーラーまで行って聞いてきました。その査定額は、買い取り業者の下の方と同程度でした。とはいえそれ以上の査定で買い取ってくれる業者があったので、その買い取り専門店にお願いしたのです。

初めての体験でしたが、順に入力していくだけで、申し込みも簡単にやれました。思ったよりも高く売ることができたため、次に乗る車を買い替える時の出費に充てることができたので私としても満足できました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.