自賠責保険 bang|そのように伝えてみると

今まで使わせてもらった車を手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。2台目として所有していた自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、1年で1万キロ走行ですから、よく走っているとは思いますが、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ただ素人の私には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、いくつか入力してからデータ通信されていました。査定結果は70万ちょっと。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではとても難し額ですと苦笑いしていました。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

自賠責保険 bang|しかし公共交通機関の整備されている

就職先も決定したおかげで、両親に自動車をいただきました。大学を卒業した後は、この自動車に乗って通勤しておりました。その後本社へ転勤となったので、車をどうするかで頭を悩ませてしまいました。

地方であれば車は、必須項目で欠かすことができません。しかし公共交通機関の整備されている都会においては、車が仮になくってもさして日常の生活には支障とはなりません。おまけに駐車場代や維持管理費用もあるので、お金的な負担が大きくなりそうなのでこれをきっかけに売ってしまうことにしたのです。

自宅近くにあった、大手の車買い取りショップのチェーン店があったのでそちらに車を持って行って、査定見積もりをしてもらいました。予想していたよりも安い査定額がつけられ、ショックのあまりその場では申し込まずに、その他で高く買ってくれないか調べました。すると比較サイトがある事を知り、早速見積もりを取ることにしました。年式や走行距離事故歴などを入力していくと、複数の業者が表示され査定額を算出してくれます。一括なので入力は1回すればよく、時間を大幅に節約出来るのも魅力的です。そうして出た結果、一番の高値を提示してくれた買い取り店があったので、そこへ売却する事にしました。

最初の査定よりも売れた金額は大幅に差があったので、査定比較サイトを活用して本当に助けられました。交渉の甲斐もあって、相場よりも高い値段で買ってもらえました。自動車を売る場合があれば、無料の査定サイトを活用することをおすすめします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.