自賠責解約|ネット通信していました

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らしてコストを減らそうというのが目的ともいえますので、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年間で言えば1万くらいなので、よく走っているとは思いますが、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比較することにしました。最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、ソフトに入力していってネット通信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

自賠責解約|それまでよりもピカピカにすることが

前に乗っていた車は、ボンネットの一部分が白くなっていました。濃い色の車だったのですが、その白っぽさが影響しているのかオンボロ車のように感じてしまいます。洗車をしてから査定をやってもらうと、やはりボンネットのあの部分が査定金額に影響を与えるという事を聞きました。

ならばとカーショップに行ってボンネットの白色を戻す方法はないか見ていたら、ボディの艶を出すような商品を見つけました。気になっていたあの部分に塗ったところ、艶が出ていい感じになりました。母親からいくらかかったと言われた程です。

もう一回査定に出したところ、前回とは見違えるくらいアップです。年式の古いクルマだったのでどうなるのかと思っていましたが、想像以上に高く見てもらえたので嬉しかったです。勿論ボディの色に関しては何か言われることもありませんでした。白っぽかったあの部分も周りの色に馴染ませられたし、それまでよりもピカピカにすることができたのが何よりよかったです。

車買い取りを利用する時は、車の艶を出しておくなど綺麗にしておきたいですね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額が上がるかもしれません。査定額がアップすることとピカピカにするためのワックスなどの費用とを比較するなどして、オトクになるようであれば手入れするのも良いと思いませんか。1000円程度のワックスで、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.