自賠責還付|台数をへらしてコストを減らそうというのが

今まで使わせてもらった車を手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく台数をへらしてコストを減らそうというのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で購入し、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、年間1万キロ程度なので、過走行車でもありませんし、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。ですが私には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てからノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していって送信していました。査定額の結果は71万弱。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、69万円が上限と言われました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと撤退されてしまいました。その直後に最初に査定をお願いした会社から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

自賠責還付|2社の比較ですが

買い取りしてもらったクルマは1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良い中古車はないかと近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。

ところが、乗って楽しかったのは少々、次々と予想外の問題があり、わずか半年で手放したくなりました。まずは近隣の自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。

私は半年前にその車を70万円で購入しました。単純計算では、約50万円を半年で失ったことになります。これは満足いくわけもないので、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り業者に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことができました。2社の比較ですが6万円の差がありました。

それでも44万円減ったことには違いはないのですが、大手で査定してもらわなければ、それ以上に安く売却するはめになったかもと思うと助けられたとも言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、業者さんの思惑と違っていたようで、自動車を運ぶような考えではなかったようです。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと後悔しています。今度利用する場合には、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.