自賠責 コンビニ|スタッフさんが車の状況を確認してから

長年使用した自動車を手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところに売却したいものです。ですが私のような素人には乗っている車の相場というのが判らないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

始めに来た業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからタブレット端末で、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定価格は71万でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると本社の許可がいるので帰ってから返事をするとのことです。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。

自賠責 コンビニ|頭を悩ませてしまいました

就職先も決定したおかげで、両親がプレゼントとして車を買ってくれました。大学を卒業してからは、この車を使って職場へ通勤していました。この度転勤が決まり、車をどう扱ったらよいかを頭を悩ませてしまいました。

都市部以外であれば車は、必須アイテムです。ですが交通網が整備されている街中では、車は持っていなくてもさして生活に影響や支障はありません。おまけに駐車場代や維持管理費用もあるので、生活費への負担が大きくなりそうなので今回をキッカケとして売却して貰う事にしたのです。

家の近くにある、有名な買い取り専門店の店舗があったと思いだしたのでそちらに車を持って行って、査定をお願いしました。結果驚くほど安い金額を聞かされ、思わず落胆してしまったのでそこでは保留にしておき、もっと高く買ってくれるところがないかを調べました。ネットを見ると一括査定ができるようで、早速見積もりを取ることにしました。車種や走行距離等を入力してボタンを押すと、複数の買い取り専門店が査定額を出してくれます。一括なので入力は1回すればよく、時間を大幅に節約出来るのも魅力的です。そして調べてみた結果、希望以上の高値だった買い取り業者さんがいましたので、そこへ売却する事にしました。

ネットで査定してもらって頂いた金額とは大きな開きもありましたので、査定比較サイトを活用して良かったです。交渉もできたので、思っても見なかった高値で買い取って頂きました。クルマを売ることがあれば、ネットの査定比較サイトを使ってみることをオススメしたいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.