自賠責 三井住友海上|違いはありませんが

買い取りしてもらったクルマは昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、家から離れたところの中古車販売のお店にありました。

その後ですが、喜んで乗っていたのですが、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで手放すことになりました。家の近くの中古車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よく頑張っても20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を購入したとき70万円支払いました。計算したくもありませんが、6カ月で50万円も失ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に無料査定を依頼しました。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことができました。比較した査定をすることで6万もの差が出たのです。

しかし44万円のマイナスには違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万円も安く手放すことになっていたかもと思えばまだ助かったと言えます。そのまま引き取ってもらうつもりでしたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを持って帰るような感じではありませんでした。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もしもホントに売却するつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省しています。今度利用する場合には、そういったことにも気を付けようと思います。

自賠責 三井住友海上|これまで使用していた車を

これまで使用していた車を乗換することになりました。私はクルマの買い替え時はディーラーでの下取りをしてもらえばよいと思い込んでいたのですが、他にも方法があるようだと聞きました。それが車買い取りでした。ただ初めての事だったので、取り掛かりが大変でした。ネットを使って調べながら、進めていきました。まずはよく見る一括査定のサイトを調べてからだと知ったので、それを調べ、そこから査定の申し込みをしました。その結果を見て、どの業者に来てもらうかを選んだのです。

これまで何度か親がマイカーを買い替えしているのは見ていましたので、大体どれくらいの金額で引き取ってもらっているのかは知っていました。私がこれまで乗っていた車の年式・走行距離・ボディの状況を考えても、相場よりも高く見積もりしてくれるワケないと考えていましたが、実際には違いました。イメージよりも高い査定額になりました。

もしも下取りだったらどれくらいの金額になるか、ディーラーでも聞いてみました。その結果としては、買い取り業者の下の方と同程度でした。しかし多くはそれ以上の金額で買ってくれるという業者があったので、私は迷わず買い取り業者にお願いする事にしました。

初めての体験でしたが、ネットで調べながらやれば、申し込み手続きもやれました。思ったよりも高く売ることができたから、車を買い替える時の費用にも充てられたのでやってみよう行動して良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.