自賠責 休業補償|なっていますこれまで下取りだけしか

お気に入りの車種の新モデルと同時に、買い替えのためにマイカーを売ろうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、クルマの買い取り店と比べると15万円も安い金額になっています。

これまで下取りだけしか利用していませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差におどろきました。結局ディーラーへの下取りは止めることにして、専門の買い取り業者に売ることになりました。

車一括査定サイトで比較検討したところ、査定額は目を疑うほど違いました。6つの業者で査定してもらいましたが、32万~76万まで金額にバラつきがあったのです。一番高値の専門業者に依頼する事も考えたのですが、このサイトには少なくとも3社とは出張見積りを受けたほうが良いと書いてありました。複数社で見積もりを出してもらう理由は、査定士さんが目視することで、確定の査定額がわかるからだそうです。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考値でしかなく確定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。査定に必要な時間は1時間位らしいので、土日に集中的に査定をお願いしました。査定見積もりの結果、概算査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを追い抜いて、一番高い金額を出してきました。ネットでは68万円という金額だったのですが、5万以上高い業者がいたことを知らせてみたら、78万弱までアップしてくれました。

自賠責 休業補償|なめられてしまうかもと思ったからです

この前初めて車査定サイトを活用して、10社で査定比較をしてみました。いつもは近所の業者に買い取ってもらっているので、高額で買い取りしてくれるものだと勘違いしていました。

しかし今回数社と査定してわかったのですが、いつもの業者は相場程度だったんです。そこよりも高い値段で買い取れるところはないと豪語していたので意外でした。今までは相場で売却できれば問題ないと思っていたのですが、それほどでもない事実はショックでした。

今回売ったクルマの相場は約50万だったのですが、査定を複数取ってみたところ一番高い提示額は70万円と出してくれたのです。世間相場の額なら合格と思っていましたが、相場程度ということは可もなく不可もなくということです。比較査定をして最高は70万で、2位の買い取り業者は68万がいっぱいのようです。続いて三位は57万円と、差があったので、上位2業者に出張見積もりを頼みました。一番の業者にそのまま依頼しなかったのは、出張でも比較しないとなめられてしまうかもと思ったからです。ネットの情報でも、複数業者に出張を依頼して比較しないとダメと書いてありました。

実際に来てもらってからの金額は、70万と出していた買い取り業者は62万程度の査定額になりました。傷がいくつかあるという理由でしたが、8万の差は驚きです。しかし最初に68万と言っていた業者は、68万でいいよと言われました。概算では2位だった業者が一番高値となったので、その会社に売却しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.