自賠責 修理費|こちらの希望価格が80万だったので

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーだった軽自動車を手放す事になり、今回は乗換ではなくて所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年1万キロペースなので、過走行車でもありませんし、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、出張査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。ただ素人の私には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信しています。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望価格が80万だったので、そのように伝えてみると会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

乗って楽しかったのは少々

今回売却した自動車は昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探しまくっていたら、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

しかしその後、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、半年少々で手放したくなりました。試しに自宅の近くにある車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万円が相場だそうです。私は半年前にその車を約70万で購入したのです。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で資産が減ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。比較した査定をすることで6万の価格差がありました。それでも44万円目減りしたことには違いはないのですが、2社目で査定してもらってなければ、それ以上に安く売却するはめになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。このまま買い取りしてもらうと思っていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く感じではありませんでした。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送賃がかかってしまいました。本当に売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省しています。今度買い取ってもらう時は、そのことも覚えておこうと思います。

価格でしたが76万を提示してくれた業者が|自賠責 直接請求とは

お気に入りの車種の新モデルと同時に、所有している自動車を乗換のため売却しようと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、思いのほか安かったし、買取専門店と比較すると15万円位安い見積もりになるところでした。

それまで下取りしか利用したことがありませんが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その査定額の差にビックリしました。それにより下取りはやめる方向とし、車買い取り業者に売ることにしたのです。クルマの一括査定サイトなどで差を見てみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。6つの業者で査定してもらいましたが、30~76万まで金額にバラつきがあったのです。初めは一番高い額の買い取り業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトには少なくとも3社とは訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていました。

3社で相見積もりを取る理由は、実際のクルマをみてもらうことで、本当の査定額が判ります。ネット上でも概算額はわかりますが、参考にはなりますが詳細額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定に必要な時間は1時間位らしいので、土日に集中的に査定を受けることにしました。査定の結果、ネットで表示された査定額2位の買い取り業者が1位の業者を逆転して、最高額の金額を提示してくれました。サイト内では70万を下回る価格でしたが、76万を提示してくれた業者がいたことを知らせてみたら、78万円まで増額してくれたのです。

思い出が蘇る気分です

あまり出回っていない珍車を売却したら、想像以上の価格で買い取って貰えました。思った以上で高額査定にはビックリです。よく見かける車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットを見たところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しいクルマは高く売れやすいと書いてありました。他の情報では、売れている自動車や人気車種が高値で売れやすいとありました。ただそれは海外輸出向けみたいですね。

国産メーカーの自動車は海外で特に高い需要があります。日本人特有の、ものを大切にする習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本人ですが、日本の車は世界レベル以上と信頼しています。今回売った車も国産の車ですが、これはもしかすると海外で活躍するのかもしれないと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろんそれが国内で利用されるのであればうれしいですね。

車買い取りの際は、乗ってきた車を手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや次の運転手を思い浮かべるのも好きです。もしも可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っていて、どんな所で普段待機しているのかなど、考えるとワクワクします。外国なのかもしれませんが、何れにせよ思い出が蘇る気分です。車を売り渡すときには中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんでしょうね。

日本では、これからも上質な車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2019/10/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2019 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.