自賠責 入院 慰謝料|希望額と10万以上離れているといってみましたが

長年使用した自動車を手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーだった自動車を売却することになり、買い替えせずに所有する車の台数を減らしてコストダウンを図るのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で買ったので、49か月目ですから、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、出張査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。ただ素人の私には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比較することにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちタブレット端末で、色々と入力しデータ通信しています。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではかなり厳しいと苦笑いしていました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。

買い替えようと思いました

今使っている車を買い替えようと思いました。自動車の買い替えをする場合はディーラーさんで下取りをやってもらえばよいと思っていますが、ネットを活用する方法もあるらしいと聞きました。それが車買い取りでした。

ただ初めての事だったので、取り掛かりが大変でした。ネットの画面を見ながら、手続きを進めました。まずはよく見る査定が一括で申し込めるサイトを表示させてからと判ったので、このサイトを調べて、そこから査定の申し込みをしました。そして次に結果を見て、どの業者に来てもらうかを選んだのです。

これまで親父が車を買い替えている様子は見ていたからもあり、どれくらいの価格で売却していたのかは知っていたのです。私が使っていた車のメンテやボディの状況や状態から、それほどは高く買い取りすることもないと思っていたのですが、実際は良い意味で期待外れでした。思っているよりも遥かに高額査定となりました。

そこで試しに下取りだったらどれくらいの値段が出されるか、ディーラーでも聞いてみました。その結果なのですが、車買い取り専門店2社と変わらない額でした。しかし多くはそれ以上の金額で買い取ってくれる業者があったので、その買い取り専門店に買い取りを依頼しました。初めての事でしたが、順に入力していくだけで、手続きなどは簡単に済ませられました。思ったよりも高く売ることができたので、次の愛車を購入する時の出費も減ったので私としては大成功でした。

車をもっていくような|自賠責 直接請求とは

今回売ったクルマなのですが昨年の暮れに中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車屋さんで見つかりました。

その後ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、わずか半年で売却することにしました。家の近くの自動車買い取り業者に査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万円が相場だそうです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。これを計算すると、約50万円を半年で消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらえました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。それでも44万円目減りしたことには変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く手放すことになったかもと思うと助かりました。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、査定だけと思われていたようで、車をもっていくような感じではありませんでした。その為、後日来られる際に輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売るつもりならば、最初から言っておけばよかったと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

そこでもう一度無料査定を受けたところ

前に乗っていたのは、ボンネットのところが白い感じがしました。濃い色の車だったのですが、白い部分が妙に目だちやけにボロボロな車に見えてしまうのです。洗車も一応しましたが査定してもらいに伺ったところ、やはりボンネットの白さが買い取り査定額に影響があると言われました。

ならばとカーショップに行って何とかボディの色を戻すような方法を探したところ、ボディに艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、驚くほどキレイになりました。母親からプロにやってもらったのかと言わせるほどです。そこでもう一度無料査定を受けたところ、思いのほか高額査定となりました。古めの車なのでどうなってしまうのかと思っていましたが、希望よりも高く評価が出てよかったです。気になっていた部分も何ら指摘される事はありませんでした。白くなってしまっていたところも基の色に近づけることができ、これまでよりもそれ以上にキレイな感じにすることが出来たから良かったのかなと思います。

自動車の買い取りを利用する前には、車の艶を出しておくなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディカラーが気になる場合は、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額が上がるかもしれません。査定価格の上昇と艶を出すためのグッズ代と手間を考えてみて、オトクになるようであればやってみましょう。1000円程度のワックスで、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/11/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.