自賠責 公式|午後に来られた業者の方は

私が住むエリアはかなり田舎で、中古車の買い取り専門でやっている業者がないのです。買い取ってくれるのは、自動車ディーラーかガソリンスタンドだけです。

5年ほど乗った愛車を売ってしまったときは、手間もないので近くのお店で査定してもらいました。その結果、可愛がって乗ってきた愛車が30万ほどの見積もり額にビックリしました。そんなわけで、ネットを使った無料査定サイトで査定してもらったところ、予想以上の金額で売却することができました。複数業者の一括査定で出張査定を依頼することになったのは、どこもテレビなどで見たことのある自動車買い取り店でした。私もそうは休めないので、午前と午後に分けて査定に来てもらうことにしました。

午後に来られた業者の方は活気のある方で、この車のこのカラーを欲しいという人がいるので何とか売って欲しいとアピールしてくれました。買い取り額は40万オーバーで10万の差もあって、そのスタッフさんに売ろうとすぐに決めたのです。その方は出来る方みたいで、大きな輸送用の車で来られていたみたいでその場で手続きをして持っていきました。

遠くから来てもらうまでもないと思い込んでいましたが、近場で済ますよりも明らかに手間がかかりませんでした。それに、めんどくさいと思う手続きもやってくれることが多く、比較して10万アップになったし、ネットの一括査定をやってホント良かったです。

自賠責 公式|査定額が上がるかもしれません

前に乗っていた車は、ボンネット部分が薄白く見えていました。濃い色の車だったのですが、その白くなっているのが影響してやけにボロ車に感じてしまいます。一応洗っては見ましたが査定をやってもらうと、やはりボンネットのあの部分が査定額に響いてしまうそうです。

ならばとカーショップに行ってボンネットの白色を戻すような方法を探したところ、ボディに艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。すぐにそれを使ってみたところ、とてもピカピカになったのです。それを見た人から新しく車を買ったのかと言われた程です。

再度車買い取りの為の査定を受けた所、前回よりはるかに高額になりました。古めの車なのでどんな結果になるのか心配でしたが、想像以上に高く評価されたので良かったです。無論色についても何か言われることもありませんでした。白っぽかったあの部分も基の色に近づけることができ、より一層つややかにする事が出来たのが良かったようです。

自動車の買い取りを利用する前には、車の艶を出しておくなどキレイにしておくとよいでしょう。またボディが白くなっている時等は、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額が上がるかもしれません。査定額のアップと艶を出すためのワックスなどの費用とを比較するなどして、損しないと思ったらきれいにするのも良いでしょう。私の場合は1000円弱の出費によって、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.