自賠責 前払費用|結局下取りはやらないことにして

お気に入りの車種の新モデルと同時に、今のクルマを売却しようと考えていました。最初は購入時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、クルマの買い取り店と比べると15万円位安い見積もりになりそうでした。これまでもディーラーの下取りしか利用したことがありませんが、はじめて車一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差に愕然としました。結局下取りはやらないことにして、自動車買い取り店に売却する話となりました。

車買い取りサイトで比較してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。7社に査定してもらいましたが、30万円~76万円まで色々な評価があることがわかりました。最初は76万の業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトでは2-3社には出張査定を受けたほうが良いですよと書いてありました。

3社に見積もりを出す理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額が判るからです。サイトでの評価額は判りますが、目安的なものであり確定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、来ていただきました。

売却手続きまで含めて1時間位らしいので、土日など休みの日に査定してもらいました。査定してもらった結果、ネット査定額2位の業者が1位の業者を追い抜き、最高額の金額を出してくれました。ネットでは68万円という査定金額だったのですが、それよりも高い査定の業者がいることを伝えると、78万まで増額してくれたのです。

自賠責 前払費用|ノートパソコンを持ち出して

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。愛おしい気持ちになり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。たまに使っていた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。新車で購入しましたので、49か月目ですから、だいたい4年ということです。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。自動車の査定は2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。でも素人には乗っている車の買い取り相場というのが分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。

始めに来た業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しネット通信していました。査定価格は71万でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、その旨を伝えると上司に相談するので明日返事するとのことでした。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではとても難し額ですとバンザイされてしまいました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.