自賠責 取得|15万円も安い金額に

新型モデルの登場と同時に、旧型の愛車を引き取ってもらおうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す前提でしたが、思いのほか安かったし、車買い取り業者と比較しても15万円も安い金額になっていました。

これまでもディーラーの下取りしか利用したことはなかったですが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額の違いに驚きました。そんなわけで下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門店に売却する話となりました。

実際車買い取りサイトなどで差を見てみたところ、査定金額に大きな開きがありました。8社で査定を受けたのですが、32万~76万まで金額に上下が大きかったです。最初は76万の業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトには2-3社には訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていたのです。3社に見積もりを出す理由は、実際のクルマをみてもらうことで、実際に買い取ってもらえる額が判るからだと思います。サイトでの評価額は判りますが、目安的なものであり詳細は車によって異なります。そこで3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。

査定の時間は1時間くらいと言われていたので、集中的に出来る日に査定してもらいました。出張してもらっての査定の結果、ネットで表示された査定額2位の査定士さんが1位の業者を逆転して、最高の査定額を提示してきました。ネットでは68万円という金額だったのですが、5万以上高い業者がいることを伝えると、78万まで増額してくれたのです。

自賠責 取得|その直後に最初の査定をしてくれた人から

これまで使っていた自動車を手放すことになる日は必ず来ます。寂しい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに所有台数を減らしてコストを減らそうというのが目的だったので、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、より多くの査定額を提示してくれる会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人には乗っている車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからタブレット端末で、チェック項目に入力していって通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それを伝えると本社の許可がいるので帰ってから返事をするとのことです。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、希望が80万円である事を伝えると、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.