自賠責 同乗者の補償|68万円という僅差でした

今までしたことはありませんでしたがネットの一括査定サイトを利用して、いくつかの業者で比較してみました。いつもは知り合いの業者にお願いしているので、高めに買ってくれていると勘違いしていました。

しかし実際にいくつかに査定をしてもらって判りましたが、毎回お願いしているお店は高くはありませんでした。うちよりも高く買ってくれるところはないと話していたので意外でした。それまでは相場で売れれば合格と考えていたのですが、もっと高く売れることがわかったのです。

今回売却した車は52万円が相場のようでしたが、査定を複数取ってみたところその中で一番の高値が70万円を提示してくれました。相場で売れれば問題ないと思っていましたが、考えてみれば相場というのは高くなくて平均ということです。

一括査定をして一番は70万の業者で、第二位の業者は68万円という僅差でした。続いて三位は57万円と、差があったので、上位2つの業者に無料の出張見積もりを依頼しました。簡単査定で1番の業者にそのまま売らなかったのは、2社以上と比較しないと安いか高いのかがわからないと思ったからです。車買い取りサイトを読んだときも、最低でも2社以上で比較しないとダメと書いてありました。

実際に出張査定してもらいましたが、70万だと思っていたけれど62万と言ってきたのです。キズ・ヘコミが多いという理由でしたが、8万円も下げられたのでびっくりです。ですが68万の業者は、そのままの額でOKと言ってきました。概算では2位だった業者が一番高値を付けてくれたので、その業者に売却することになったのです。

自賠責 同乗者の補償|走った距離は約4万キロ

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた軽自動車を売却することになり、買い替えせずに台数をへらして経費の節約を図るというのが目的でしたから、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。

この車は新車で購入し、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料はもちろん無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいと思うと思います。でも素人には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、いろいろな項目に入力し通信をしていたようです。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるので帰ってから返事をするとのことです。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.