自賠責 国|お願いしたいと思うでしょう

長い年月使用した車を手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、乗り換えるのではなく所有台数を減らしてコストを減らそうというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。

この車は新車で購入し、49か月目ですから、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、多いわけでもありません。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ですが私には今の車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。

始めに来た業者は、担当者がクルマの状況を確認してからノート型のパソコンを使って、いくつか入力してから送信していました。査定結果は70万円でした。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではかなり厳しいとバンザイされてしまいました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

自賠責 国|複数社で見積もりを出してもらう理由は

新型の登場とともに、今のクルマを売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、買取専門店と比較すると15万円も安い金額になっていました。これまで下取りだけしかやっていませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額の違いに驚きました。それにより下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門店に売ることになりました。

クルマの一括査定サイトなどで確認してみたところ、査定金額に大きな開きがありました。6つの業者で査定してもらいましたが、30万円~76万円まで金額にバラつきがあったのです。当初は最高額の業者さんにお願いすることも考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には出張査定を受けたほうが良いですよと書いてありました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、目視による査定をしてもらうことで、査定額がハッキリとわかるからだそうです。ネット上では概算は判りますが、目安でしかなく決定額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、お出でいただいたのです。

出張査定の時間は1時間くらいと言われていたので、土日など休みの日に査定をお願いしました。査定の結果、ネット査定額2位の買い取り業者が1位の業者さんを上回り、最高額の金額を提示してくれたのです。ネットでは70万を切った査定金額だったのですが、5万以上高い業者が存在したことを匂わしてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.