自賠責 契約区分|輸送費を引かれてしまいました

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツカーに乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を探していましたが、遠方にある知り合いの中古車販売のお店にありました。しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で売却することにしました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に持ち込み査定してもらったら、よくて20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万出して買いました。これを計算すると、約50万円を半年で失ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、以前車買い取りをしてもらった大手の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことができたのです。複数業者の査定では6万円の差になったみたいです。それでも44万減った事実に違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで手放すことになっていたかもしれないのですから助かります。

そのまま買い取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような考えではなかったようです。その為、後日来られる際に輸送費を引かれてしまいました。もし本気で売ってしまおうと考えているのなら、最初から伝えておくべきだったなと後悔しています。今度利用する場合には、そういったことにも気を付けようと思います。

自賠責 契約区分|すぐに業者に連絡して

長く乗ってきた車を、もうすぐ来る車検のまえに思い切って手放すことにしました。なんとなくですが、新車の匂いが懐かしいというような感覚が強くなってきたからです。

これまでとは違い、燃費の良いクルマが多いのでガソリン代の節約にもなります。できるだけ車を高く売りたい、心でそう考えていたものですから、評判の買い取り業者を調べてみました。すると無料の査定比較サイトを使った後で、実際に車を買い取って貰った方の殆どが、売却した額に納得されているようなんです。

これまでならば、車買い取り業者一社に絞り、買い取り査定をしてもらうというのが一般的でした。しかしそれだけでは、算定された見積もり査定額が相場と比べてどうなのか、素人には判断しようがありません。一括査定サイトを活用した場合、厳選された買い取り業者の中でも一番高い金額を提示してくれた業者さんに売る手配ができるといったメリットがあるのです。

早速私も、年式や車種などを選択して査定をお願いしたところ、目が飛び出るような高額査定となっていたので、びっくりぽんです。すぐに業者に連絡して聞いてみたところ、ネットで提示された額とほとんど同じで買い取ってもらえることになりました。一括査定サイトを活用しなければ、そう考えてしまうと冷や汗が出るくらいです。

今回の場合ですが、想像していなかった金額で売却できたので嬉しかったです。いきなり車の売却というと、不安感がある方もおられると思いますので、まずはクルマの相場を見てみるところからやってみると良いでしょう。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/11/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.