自賠責 慰謝料|初回の車検をやってから1年だから

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。寂しい気持ちになり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて台数をへらして経費を抑えておこうというのが目的だったので、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいと思うと思います。ですが私のような素人には乗っている車の相場というのが判らないので、2社に依頼し、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのち持ってきたパソコンで、ソフトに入力していってデータ通信しています。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、OKを出しました。

自賠責 慰謝料|影響しているのでしょう

珍しいクルマを売りに出したら、思わぬ価格で買い取ってくれました。思った以上でかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そのページに書かれていた内容ではその通りで、珍しい車は高値で買い取ってくれるとありました。しかしある情報では予測通り、馴染みの深い車や人気の車種が高く売却できるとあったのです。それは海外向けとのことでした。

日本の自動車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。私が思うに、日本の中古車は世界一と思っています。

今回売った車も日本製の車ですが、もしかして海外で使って貰えるのかもしれないと考えると楽しさが膨らみます。それが国内であっても使ってもらえるのはいいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を失う悲しさもありますが、高値の買い取りや次の乗り手を思い浮かべるのも好きです。叶うならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな所で普段待機しているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、いづれにせよ子供の旅立ちのような感じです。クルマを手離すときには中古車を買いたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。

素敵な日本で、これからも質の良いクルマたちが必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.