自賠責 日本興亜|考えていたよりも高く

これまで乗っていたクルマは、ボンネットのところがなぜか白っぽくなっていました。濃い色の車だったのですが、白い部分が妙に目だちオンボロ車のように見えてしまいます。洗車をしてから買い取り査定してもらうと、やはりボンネットの白さが査定額に影響を与えるという事を聞きました。カー用品があるお店に行ってボンネットの色を戻せるものはないかなと探していたら、簡単に艶を出す事が出来る商品を店員さんに教えてもらいました。すぐにそれを使ってみたところ、とても綺麗になりました。親父からは新車にしたのかと言われました。

もう一回査定をしてもらったところ、前回よりはるかに高額になりました。古い車だったのでどんな結果になるのか心配でしたが、考えていたよりも高く査定してくれたのでよかったです。無論色についても影響はなかったようです。白くなってしまっていたところも周りに同化できているし、より一層艶やかな感じにすることが出来たのが良かったようです。

自動車の買い取りを利用する前には、できるだけボディを綺麗にしておかないといけませんね。ボディカラーが気になる場合は、ワックスで磨いておくだけでも査定額に変化が出る事も有ります。査定金額のアップとピカピカにするための手間とアイテムの費用とを比較してみて、得な気がしたらキレイにするのもありですね。今回は1,000円くらいの出費で、数万円の査定アップになりました。

自賠責 日本興亜|よくて20万が上限とのことです

今回車買い取りをしてもらった車は昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツカーに乗ってみたいと思いましたが、新車はとても無理でした。そこで良さげな中古を近くで探しましたが見つからず、遠方にある知り合いの中古車販売のお店にありました。ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年で手放すことになりました。職場の近くの車買い取り業者に査定を依頼したところ、よくて20万が上限とのことです。

私はこの車を半年前に総額70万で買いました。単純に計算すると、約50万円を半年で資産が減ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定をしてもらった結果、26万円で買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万円の差になったみたいです。しかし44万円のマイナスには変わりないのですが、2社で査定しなかったら、さらに6万円も安く手放すことになったかもと思うと助かります。そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く感じではありませんでした。そういったこともあって、後日来られる際に輸送費を引かれてしまいました。もし本気で売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.