自賠責 特徴|必須アイテムです

就職も無事決まったので、両親に自動車をいただきました。大学を卒業し会社へ行くようになってからは、その車に乗って通勤していました。ところが転勤することになったのですが、クルマの処置をどうするかで考えていました。

地方であればクルマは、必須アイテムです。しかし公共交通機関の整備されている都会においては、車は持っていなくてもさして日常生活に支障が出る要素はありません。おまけに駐車場代や維持管理代もバカにならず、経費的にも負担が大きくなるのでこれをきっかけに売却して貰う事にしたのです。

自宅近くにあった、中古車販売のショップがあったのでそこに車で伺って、査定してもらいました。予想を大幅に下回る金額を聞かされ、ガッカリしてしまったのでそこでは保留にしておき、他で高く買ってくれるところを調べてみたのです。

するとネットで査定できるようなので、見積もりを取って貰う事にしました。車種や走行距離等をマスに入れていくと、厳選された複数の買い取り業者が査定見積もりを出してくれます。1回の入力で複数の登録が一括でできるので、手間や時間を節約できるから楽ちんです。こうして調べてみましたが、一番高値をつけてくれた買い取り業者があり、そちらに売却することにしました。

最初の査定よりももらった金額とは大きかったので、ネットを活用して本当に良かったと思います。親切な業者さんでもあって、予想以上の高値で買ってもらえました。車を買い替えるなどあれば、査定サイトを使うことをお奨めします。

自賠責 特徴|半年少々で買い替えを考えました

今回売ったクルマなのですが昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良さげな中古を探しまくっていたら、家から離れたところの中古自動車販売店で見つけました。

しかしその後、喜びもつかの間、立て続けにトラブルが発生し、半年少々で買い替えを考えました。家の近くの中古車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、せいぜい相場以下の20万円らしいです。

私は約6ヶ月前にこの車を購入したとき70万円支払いました。これを計算すると、約50万円を半年で消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった人気の買い取り業者に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万でしたので買い取ってもらうことができました。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く売却することになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。

この状態で持っていくつもりでありましたが、査定のみのつもりだったみたいで、自動車を運ぶような準備をしていませんでした。ですので、後日来られたときには別途輸送費がかかってしまいました。本当に売却したいのなら、ハナから言っておくべきだと反省しています。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車を高く売った人がやったこととは? All rights reserved.